05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第29話 夏落ち葉(その12)】 

 話には聞いていた兵庫の技を見せられ、金四郎が尋ねた。
「今のが、あれか?」
「はい、目釘外しで御座います」
「真似の出来ぬ技じゃな」
兵庫が披露した目釘外しは、上段に構えた大刀を投げると同時に走り、脇差で止めを刺す秘剣の筈だったが皆に披露した。
その意図は侍には真似の出来ない技と思ったのか、刀の時代が終わろうとしているのを感じていたのか不明だが、この日以降、この秘剣を真似する者も、打ち破る者も兵庫の前には現われなかった。

 兵庫が下がると。
「殿。これにて挨拶いたす者は全て出揃いました」
「いや、まだじゃ。兵庫、志津を連れては来なかったのか」
「何処かに居るはずですが」
兵庫があたりを見回していると
金四郎の後ろに控えていた腰元が
「志津様は、台所で鰹をさばいて居られます」
「何、鰹! 初鰹か」
「はい、棒手振り辰五郎と申すものが、海幸から貰ったものだと申し持って参りました。その鰹が多量のため手助けすると台所へ入っております」
「分った。お加代、鰹は他の物に任せ、志津をここに連れて参れ」

 暫らくして志津が金四郎の前の庭にやって来た。
「殿様、遅れまして申し訳御座いません」
金四郎は志津が美しいと言うことは前々から聞いていた。
兵庫の腕前と同じように百聞は一見に如かずと会ってみたくなったのだった。
しかし、たいした用も無く呼び出した志津が目の前にやってくると、その美しさに年甲斐もなく見とれた」
「旦那様。後ろから老女の声が飛んだ」
我に返った金四郎が
「先ほど兵庫の技を見せてもらった・・のだが・・・」
歯切れの悪い金四郎を見た志津が察して
「その様なことでしたら、お安い御用ですが、今は主人の目が御座いますので、はしたなき事は致しかねます。殿様は先ほど俳句のお話をなされましたので、一句献上差し上げとうございます。短冊と筆をお貸し下さいませ」
用意された短冊と硯箱が廊下に置かれた。
志津は筆に墨を含ませ、短冊を取ると庭を見回し、しばらく考えていたが書き始めた。
書き終わると、金四郎に顔を向け
「殿様。この句は、ここに集いました若い者から、お年寄りの皆々様への御礼の気持ちで御座います」
そう言うと筆を硯箱に戻し、短冊を篠塚に託した。
金四郎は受け取った短冊の文字の美しさに目を見張り、暫らくして読み声をあげた。
「常葉樹の根元を飾る夏落ち葉」
「如何でしょうか」
「わし等年寄は夏落ち葉か」
「若い者は年寄りの知恵を肥やしとして育つもので御座います。庭の常葉樹の若葉も同じで御座います」
「この短冊貰っておくぞ」

 この後、何皿もの大皿に盛られた初鰹の刺身に辛子醤油が添えられ、酒も出されると、町方の者、侍衆が八重桜の元にあつまり、束の間だが花見酒となった。
 座敷内では金四郎が年寄りと志津を相手にこれまた束の間の昔話に興じたが、それも昼の鐘でお開きとなった。
 一人一人、金四郎に挨拶しながら出て行くのを、金四郎も最後まで見送った。
最後の兵庫と志津が帰っていくのを見ながら
「夏落ち葉か・・・」とつぶやいた。

第29話 夏落ち葉 完

Posted on 2012/09/02 Sun. 05:39 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

【鐘巻兵庫 第29話 夏落ち葉(その11)】 

 篠塚が立ち上がり声をあげた。
「地天流鐘巻道場門弟、根津甚八郎殿、大村源次郎殿、志村富三郎殿」
源次郎と富三郎が長持ちを持ち出し金四郎の前置くと、甚八郎が
「お貸し頂きました貴重な書物、有難う御座いました。お返しに参りました」
これには金四郎少しばかり奇異を感じたようで
「その方ら、旗本御家人の次男三男と聞いて居るが、長持ちの本全て読み終えたのか」
「いいえ、これから読むところで御座います」
「それなら、何故返す」
「貴重な本ゆえ、傷めるのを恐れ写本させて頂きました」
「何、あの本全ての本を・・・四・五十日で写し終えたと申すのか」  
「いいえ、鐘巻先生が金瓶梅の類は写さなくても良いと申されましたので、それらを除いてです」
これには集まった大人が大笑いした。
「金瓶梅が紛れて居ったか。どうりで探しても見付からなかった」
金四郎がさらに笑いを誘い、座を緩め
「それにしても、よく頑張った。誉めてとらす」
笑いの起こる中、三人が引き下がった。

「鐘巻兵庫殿」
兵庫は進み出ると、背中に背負っていた錦の刀袋を下し、
「これまでお世話頂きました御礼として、この刀、献上致します」
刀を両手で押し頂きながら、篠崎の前へ進み出た。
「手ずからでよい」
兵庫は篠塚に深く一礼し、金四郎の前まで進み手渡し下がった。
「兵庫、この刀、礼を申す。他に所望があるのだが聞いてもらえるか」
「出来ることでしたら。ならなんなりとお申し下さい」
「わしは、これまでに幾度と無くお主の剣技を聞かされた。百聞は一見に如かずと申す。見せては貰えぬか」
暫らく考えていた兵庫が
「殿様、人を斬るわけには参りませんので、畳一枚をご用意願えませんか」
「分った。誰か・・・」

 暫らくして、屋敷内の長屋にでも敷かれていた畳が運ばれてきた。
「甚八郎、源次郎。畳が倒れぬよう両脇で支えなさい」
畳が立てられ、その両脇を二人が支えると、庭に集まっていた者たちが見やすい場所へと移っていった。
「殿様、これからお見せしますのは腕の立つ敵を刀の届かぬ二間のほどの間合いの外で倒す捨て身の技で御座います」
「うむ」
兵庫は畳と三間の間を取り大刀を抜き上段に構えた。
少しずつ間合いを詰め、二間ほどになった時、兵庫の甲高い気合いが飛び、刀が振り下ろされ、同時に兵庫が走った。
“ブス”、“ブス”と畳を突き抜ける刃の鈍い音が連続した。
兵庫の大刀が畳を押さえる二人の喉の高さに、脇差が心の臓の高さで、鍔元まで畳を突き抜いていたのだ。
一瞬の流れの中で起こった剣技の鮮やかさに、見ていた侍衆や新門辰五郎を始めとする火消しの頭たちが息を呑んだ。 
兵庫は金四郎に一礼すると、脇差、大刀と抜き取り鞘に納め、足を震わせて畳を押さえている二人に、
「もう良い」と声を掛けた
畳が倒れ埃をたてた。

Posted on 2012/08/29 Wed. 04:41 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

【鐘巻兵庫 第29話 夏落ち葉(その10)】 

 兵庫が篠塚を見ると、含み笑いを返してきた。
先々月、魚問屋の三崎屋が船荷の着くのを妨害され城に荷を届けられなかったために賄い方与力が詰め腹を切らされたのだが、その仇の二人が三崎屋の三男が揚げた河豚の天婦羅に中(あた)り死に恨みが晴らされたのだ。
ただ、この事件は誰も訴え出るものもなく咎人を出さずに処理され、内々に三崎屋に伝えられ、鰹は恩義に感じた三崎屋の次男が営む海幸からの贈り物だと兵庫は思った。

「それにしても、辰五郎は遠慮を知らぬ男だな。何匹持って来た」
「数えていねえから分らねえ」
「篠塚さん。門から入っても宜しいですか」
「鰯やコノシロでなくカツオだから構わんだろう。辰五郎、わしの後に付いて来い」
 その後、続々と町方の者が陸路や舟でやって来た。
その名を一々兵庫と志津が書きとめ、門弟が控え場所へと案内した。

 遠山家中庭に集まった一同、およそ五十人が待っていると、奥から地味な装いの男が一人顔を見せ、その後に老女、二人の若い腰元が続き部屋に入ってきた。
地味な装いの男は丸めた頭を撫でながら日の当る縁側に置かれていた座布団に座った。
そのやや後ろに年老いた女が座り、奥に二人の腰元が控えた。

 平伏し迎えた者たちをみて、金四郎が声を掛けた
「皆、よく来てくれました。頭を上げてくれ。わしは先月お役を辞し、先日倅・景纂に家督を譲り隠居し、このように頭を丸め金さんから坊主名の帰雲と改めました」
金四郎はその丸めた頭がまだ気になるのか、撫でながら
「これからはこの下屋敷で俳句などを詠み、気侭に送るつもりじゃ。面白い話があったらいつでも来て聞かせてもらいたい」

 金四郎の挨拶が終わると、廊下下の床机に座っていた侍、篠塚佐門が立ち上がった。
「これから名を呼ぶ者は、前に進み申したきことが有らば申すように」
そう言うと、書付を懐から取り出した。
「大黒屋又五郎殿ならびに亀戸元町名主吉衛門殿」
紋付袴姿の二人が前へ進み、何も言えずに戸惑いをみせると、金四郎が
「又五郎、吉衛門いろいろと世話になった。積もる話もある。わしの隣に座ってくれ」
遠慮する二人に、
「構わぬ。篠塚手を貸してあげなさい」
二人を促し廊下に上がらせ終わると、篠塚が次の名を呼び上げた。
「町火消し、組頭の方々」
その日集まることが出来た新門辰五郎以下約三十名が前に並び金四郎に一礼すると木遣りを歌い始めた。
その独特な節回しに合わせるように歌う金四郎の姿が、集まった組頭衆を感激させた。
火消し衆のあとは
「猿若町中村座、市村座、河原崎座、薩摩座、結城座、各座主殿」
と呼び出され
裃姿の各座主が進み出て、十数年前江戸庶民の楽しみである芝居小屋廃止を救ってくれた礼を述べ、各座共通の見物手形を献上し下がった。

Posted on 2012/08/28 Tue. 05:02 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

【鐘巻兵庫 第29話 夏落ち葉(その9)】 

 奉行からの返事は早かった。
その日の内に篠塚佐門が侍姿でやってきたのだ。
応対に出た兵庫に
「主人よりの言伝でございます。時は四月七日、朝四つより本所の下屋敷で待っているとのことでございます」
「それでは我々が招かれてしまいます」
「屋敷外では人目も多く、警護などいろいろと我等に気遣いを掛けるのを嫌ったのです」
「これは気がつきませんでした。それでは七日、お世話を頂いた者どもを連れ、お伺いします」
 篠塚が帰った後、兵庫は大黒屋又五郎、新門辰五郎、亀戸町元名主吉衛門と訪ね、七日のことを頼み道場に戻った。

 七日、兵庫と門弟三人は稽古着姿両刀を差した姿で、志津は武家姿にやや地味な留袖を着こんだ。
大黒屋の用意した長持ちに借りた本を納め、それを門弟三人で交互に担いだ。
兵庫は献上の村正の刀を錦の袋に納め背中に担いだ。
道場の者たちが本所にある遠山家の下屋敷に着いたのは定刻より四半刻以上前だった。
閉じられていた門の脇門を叩くと、直ぐに門番が顔を見せた。
「鐘巻兵庫と申します。本日、お招きに預かり参りましたが、篠塚殿と少々打ち合わせが御座いますのでお呼び願いたい」
今日、このような集まりがあることは知らされており門番も直ぐに取り次ぎ、篠塚と先日本を道場まで持って来た三枝源吾の二人が顔を見せた。
型どおりの挨拶を済ませ、三人は本日の段取りを話し始めた。
口火を切ったのは兵庫で
「私が訪れる者を見届けますので、控え場所への案内はお屋敷の方でお願いします。道場の者をお使い下さい。それと仕切りはお二人のうちどちらかにお願いします。挨拶させる者の名は来るもの中から選び、書付にして御渡しいたします」
「分った。それで良いが殿様は些(いささ)かお疲れゆえ、昼にて閉めと致したい」
簡単な打ち合わせが終わったところで、門が開けられ、三枝の案内で長持ちが邸内へと持ち込まれていった。
兵庫と篠塚が門の見張りをしていると最初に姿を見せたのが棒手振りの辰五郎だった。
いつもとは違い大きな魚盥(たらい)を前後に吊るし、よどみない足取りで兵庫の待つ門前までやってきた。
「先生、鰹だ!。先生にとっては初鰹だろ~」
「どうした。よく仕入れられたな」
「いや~。河岸の海幸で祝い物の鯛を探していたら、何に使うと聞かれたんで、世話になった前のお奉行遠山様へのお礼の催しに使うと言ったら、今朝入った鰹があるから持てるだけ持っていけと言われ、盥も借りて持ってきました」

Posted on 2012/08/27 Mon. 04:55 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

【鐘巻兵庫 第29話 夏落ち葉(その8)】 

 男は懐から金を出し、板の間に置いた
「古今の方は・・・」
「申し訳在りません。未だ、春のみで御座いますので暫らくお待ち下さい」
「分りました。また十日ほどしましたら寄らせてもらいますので」
男は箱から白紙を出し、代わりに受け取った百人一首の書かれた紙を納め帰って行った。

 台所で二人の話を聞いていた門弟三人が驚いた。
「写しただけで一両も貰えるのですか」
「貰えません。志津の筆だから金になるのです。嫁入り道具にもなり、書の手本にもなるからです」
「先生の書も売れるのですか」
「私のは書と呼べるものでは有りません。書いた内容に価値があるので正しく写本すれば売れるはずです」
 話に納得した様子を見せた三人は、手土産といっては重過ぎる浅蜊を辰五郎に担いでもらい浅草界隈の屋敷を巡りながら一人分ずつ荷を下し帰って行った。

 次の日から三人の門弟は朝駆けをした後の剣術稽古をし、朝飯を食べる所までは従来どおりしたのだが、その後は儒者が講読に来る日を除いて帰るまで写本に取り組んだ。
その甲斐あって、儒者がこの本は写した方が良いと言った物の内、八割がたを終えることが出来た二十四日の夕方、揃って飯を食っていると、表から聞き覚えのある声で名を呼ばれた。
「八丁堀の屋敷から使いが来たようです」
兵庫がでてみると佐吉が立っていた。
「兵庫様」
「佐吉、用件を」
「兵庫様、旦那様のお使いでございます。本日、遠山様がお奉行のお役を辞されたのことです」
「分りました」
兵庫は小銭を渡し返した。

 台所に戻った兵庫が皆に
「お世話になった遠山様が今日、お奉行の職をお止めになられた。この月のうちには後任の方と引継ぎも終わるでしょうから、来月早々に遠山様を慰労会にお招きしましょう。皆は己の成長を見せるのです。そのためにもお借りした本の写本を会の当日前までに終わらせて下さい。あれほどの本をひと月少しで写し終えれば、努力は伝わります」
「もしお許しいただければ夜間も写しますが」
「有り難いことですが、それはお父上の許しを得てからにして下さい」

 翌日、朝駆けをした後、兵庫は三人の門弟と稽古をせずに、八丁堀の組み屋敷に出かけた。
奉行所へ出仕前の父多門と兄兵馬に
「四月早々に町方の者と私ども門弟で、ささやかな宴を開き遠山様をお招きしたいのです。できれば、ご都合をお聞きして頂きたいのですが」
「分った。伝えておく」
「有難う御座います。それでは失礼いたします」
兵庫は兄夫妻に先妻幸との間に出来たわが子を預けてあるのだが、その子に会うことはしなかった。
それは、訪れる度にわが子と兄嫁の玉枝との間が裂きがたいものと感じるようになったからだった。
父多門との短い話も長居をしない、させないとする力が双方に働いたからだった。

Posted on 2012/08/26 Sun. 05:12 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学