02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第21話 押しかけ女房(その9)】 

 二階に上がった佐那子が見たものは三度目の対面となった志津だった。
松葉屋から贈られた豪華な調度の置かれた部屋で、兵庫の羽織の手入れをしていた志津に
「やはり、志津様でしたか」
「はい、早い者勝ちですよ」
笑みを浮かべて応える志津だった。
「それにしても早すぎませんこと」
「これでも少し、お料理を習う間遠慮していたのですよ」
志津は佐那子の泣き所、女としてのたしなみである料理の修業を言ったのである。
口をつぐみ頬を膨らませ志津を見る佐那子に
「佐那子様はお若いですから、今からでもお励み下さい」
閉じていた口が開き、佐那子はため息を吐いた。
「もう一度淡島様にお参りして帰ります」
志津の微笑みを背に、佐那子は階段を降りた。
そこには平九郎は居らず、結局兵庫への挨拶も躊躇(ためら)い帰ってしまった。

 その後、新たに入門するものも訪れず、入門したものも来なくなると若林平九郎もまた来なくなり、閑古鳥が鳴く道場に戻ってしまった。

 訪れる人もなく兵庫と志津の二人だけの暮らしが続いていたが、十五日の夕方、兵庫に続き風呂から上がった志津が暫らくして二階から下りてきた。
「月が昇り始めました」
志津はただそれだけを奥に居る姿の見えない兵庫に言い、また二階へと上がっていった。
その足音を聞きながら「十五夜か・・・」
兵庫は暫らく仏壇の幸の位牌を見ていたが、立ち上がると部屋の灯を消した。

 階段を上りきり廊下を数歩歩くと、開けられていた障子の奥、行灯の灯に照らされた志津が頭を下げた。
開かれた窓際にはいつ用意したのか簡素な月見飾りと膳が置かれ、奥の部屋には蚊帳が張られていた。
二階まで上がってきながら、部屋に踏み入れない兵庫に、志津は立ち上がり僅かな衣擦れの音を聞かせ、兵庫に歩み寄り手を差し延べ兵庫の手を取った。
志津の歩に任せ兵庫は窓際の月見の席に座り、志津も膳を挟み座った。
勧められるままに酒を飲み、兵庫は大川の向こう、本所の空に昇り始めた中秋の月を見ていた。
そして丸い月が高く昇り、語ることもなくただ時が過ぎ、月は軒の廂(ひさし)に消えようとしていた。
二人の間に置かれていた膳は無くなり、そこには兵庫の傍らに寄り添う志津の姿があった。

第21話 押しかけ女房 完

Posted on 2012/03/31 Sat. 05:18 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学