11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

暦の上では大晦日 

12月31日は大晦日と呼ばれますが、晦日とは三十日で31日ことではないのですが、太陽暦に成ってから月の終わりに31日が生まれた後も、お江戸の郷愁ある呼び名が残ったのでしょうか?

単に晦日と呼ばずに大晦日と呼ぶのは1月から11月までの晦日とは違った意味合いがあるからです。大晦日は一年の締めと、翌日の元旦と対比し考えているからかもしれません。

しかし、一年の締めが本当に12月31日の大晦日かは疑問です。
日本の年度は4月始まりの3月終わりだからです。
3月31日が大晦日になる人・法人も少なくありません。

また個人的にその年の大晦日がいつかは、人それぞれでしょう。
例えば、恐妻家の旦那さんは、結婚記念日とか奥さんの誕生日を翌日に迎えた日を大晦日として、明日を迎える心の準備をする方が、12月31日の馬鹿騒ぎを見て無為に送るよりよさそうです。
一般的には誕生日が人生の節目節目で問われ、それまでと法的にあるいは社会的に違った扱いを受けることにもなります。
ですから、誕生日の前日が大晦日と言えそうです。

特に人生の大晦日を命日と呼びます。
明日の目覚めを願って、今年の御付き合い、有難う御座いました。

Posted on 2013/12/31 Tue. 04:01 [edit]

thread: まったり小話

janre 小説・文学

馬鹿な話  /  TB: 0  /  CM: 2