03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

鼻歌No95 まどろみ・・曲付けました 

最近のマイブームは、短時間の昼寝です。
ということで、今回の鼻歌のお題は「まどろみ」にしました。
少し前まではタイマーをセットしなかったため、長時間昼寝になったことも在ったのですが、パソコンに優秀なタイマーが付いて居ることに気がつき、使い始めました。
時間は30分から始めたのですが20分でも良いとTVで教えてくれたので、少し先に長い眠りが待っている私としては20分を採用しています。
確かに脳味噌が活性化されるのを実感していますので、働く人たちにも短時間昼寝をお勧めします。

歌詞
まどろみ
昼下がり 目を閉じれば
睡魔に 誘われ
眠りに 落ちる
まどろみの 心地よさ
このまま そっとしてね
無常の予鈴が鳴れば
よだれを拭いて 仕事に戻る


鼻歌活動が遅れて居ますので、昼寝を止めて至急、曲を付けたいと考えています。

鼻歌活動が遅れて居ますので、昼寝を止めて至急、曲を付けたいと考えています。

以下、4月30日 23時に追記。
譜面です。クリックすると大きくなります。
まどろみ

それでは、お聞き下さい
まどろみ」←クリック

作曲後記
鼻歌は奏でる本人にとっては心地よいものです。
鼻歌はいくらでも奏でられるのですが、皆似たようなものが繰り返されるだけのようです。
ですから、鼻歌を奏で、それで作曲となると、似たような曲ばかり出来てしまいます。
そこで、鼻歌に加工を加え新曲風?にするのです。
加工を加えることで鼻歌メロディーの連続性が失われ、結果として心地よかった鼻歌に違和感を覚えることに成ります
鼻歌が泣いています。
はい、単なる風邪で御座います。

追記
じゅら♪さんが、伴奏付きでYouTubeに載せてくれました。
ありがとう御座います。

Posted on 2014/04/30 Wed. 23:01 [edit]