02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第95話 金木犀(その15)】 

 引っ越しの列の先頭は、鎧櫃を背負い、やりを立てた北村徳三郎だった。
本来なら、都落ちの様相を見せても不思議ではないのだが、傍目には屋敷替えの行列にしか見えない。
ただ、すごかったのは、荷を背の高さほどに積んだ大八を、牽き・押しする人足は強力(ごうりき)のようにかなり荷を背負っていたことだった。人足たちにとって少しばかりほっとさせたのは赤坂からの道は押し並べて下りだったことだ。
溜池の端、葵坂の急な下り難所を乗り切り、少しずつ町家の多い街並みへと入って行った。
 一行は少しばかり人目を引いたのは、人足全員が稽古着、稽古袴姿で中には二本刀を差して居る者も二人いたから全員が侍にも見えたからかもしれない。
それでも一行の邪魔をする者たちが居た。
大名や大身旗本の八つ下がりの下城の流れに遭遇することで、道を譲らねばならなかったからだ。ただそれが一行にささやかな休息を与えることになった。
そう云うことも在ってか、一行が中之郷元町の屋敷に着いたのは、七つ半(午後5時)と夕刻だった。
それを門外に出た中川彦四郎・雅代夫妻が迎えた。他には引っ越しに参加できなかった根津甚八郎、坂崎新之丞、乙次郎や鬼吉が控えていた。
こめかみの傷、片耳を斬り飛ばされ、左手の二指を失った彦四郎を見た北村徳三郎の目が潤んだ。
「おつかれでした。食事の用意が出来ていますのでお上がりください。荷物は後ほど案内いたします離れに下ろしておきますので、本日は母屋にお泊り下さい」
「かたじけない」
「鐘巻先生、山中様、有り難うございました。皆、あと少しですから頼みます。終わりましたら上がって下さい」
 大八車が出迎えた者の手で屋敷内に入れられ、背負子を担いだ八人は離れへと向かい、助け合いながら下ろした荷を廊下に積み上げていった。大八の荷は土間に置く物と部屋に置く物と分けられ、それぞれの中央に置かれた。
 引っ越し人足として働いた八人と、それが出来なかった四人が広間に上がった。
そこでは、描き上がった兵庫、志津、大助、お玉の絵が披露されていた。
「鐘巻様、奥様からお褒めの言葉を頂きましたので、明日、為吉さんに軸に仕上げて貰います」
「太白先生、軸が出来上がるまで休息して下さい。行商に出かけて貰いますからね」と云い席に着いた。
「楽しみにしています」
「それでは召し上がって下さい」
夕膳は引っ越しに関わった者の前だけに置かれ、それ以外の者は既に済ませていた。だから済ませたものは絵に見入っていた。
「嫁の栄が鐘巻殿の奥方の美しさは聞いていたが、早くお会いしたいものだ。それにしても鐘巻殿はよく自画像を描かせたものだな」
「好きで描かせたわけではありません。これから行う自画像販売のため、失礼ながら大神田太白先生の技量を確かめるため描いていただいたのです。絵を見てがまが油汗を流したくなる気持ちが分かりました」
 朝、北村栄がやって来た時は何か悲壮めいたものを感じたが、今、目の前に居る栄には笑みがこぼれていた。彦四郎が良い仕事をしてくれたと思った。

 翌九月六日、昼飯の席に集まって居る子供たちに、
「先日、指切りの約束した北村栄殿がご家族と中之郷元町の屋敷に引っ越してきました。かごめかごめの続きをやりに、皆で行くことにします」
「母上様も千丸も?」
志津が頷いて見せた。

 同じ時刻、彦四郎屋敷に引っ越して来た北村家では庭番士らの力を借り、引っ越し荷物の整理をほぼ終え、広間で屋敷の者が揃って昼飯を食べていた。
食事が終わった所で、北村徳三郎が口を開いた。
「お世話頂いた皆様方に言い辛いのですが、嫁の栄が北村の家を去ることに成りました。栄はまだ若い、年寄りが縛る訳にもいかぬので、里に帰るのを許した。身勝手な振る舞いだが許して欲しい」
「許すも許さないも、ここでは本人の意思を尊重することに成って居ます。栄殿の心のままにして下さい」
「我儘を申し、申し訳ありません。この数日皆様から受けましたご厚情は決して忘れません。少し心残りは御座いますが、これにて皆様にお別れを申し上げます」

 栄が帰り仕度を整えている時、押上から子供たちを連れた兵庫と志津がやって来た。
彦四郎から事情を聞かされた兵庫と志津は、子供たちを金木犀の咲く中庭に入れ、かごめかごめを始めさせた。
「かごめかごめ籠の中の鳥は、いついつ出やる、夜明けの晩に・・・」の歌が流れている所に栄が出て来た。
「あっ、栄様だ」とお玉が叫び声を上げた。
「お玉ちゃん。指切りしたように会いに来ましたよ」
「じゃー鬼やって」
「はい」
栄は輪の中央に入り、座り目を手で覆った。
「かごめかごめ籠の中の鳥は、いついつ出やる・・・」の歌が流れ子供たちが栄の周りをまわった。
「・・・後ろの正面だーれ」
「お玉ちゃん」
「外れ」
かごめかごめが何度も繰り返されたが、栄の答えはいつも“お玉”だった
そして、当たった。
「お玉ちゃん、皆、私はお母様の所に帰ることにしました。だからお別れです。寂しいけれど、皆に会えたので心残りは無くなりました」
子供たちや多くの大人が栄を門外に出て見送った。
そして栄が去った後、中庭に戻ると金木犀の下が黄金色の花びらで覆われていた。

第九十五話 金木犀 完

 ←ボタンを押して頂けると、励みになります

Posted on 2017/03/18 Sat. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学