03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第97話 前へ(その21)】 

 庭から子供たちの声が聞こえてきたため、兵庫は道場口から入って行った。
道場に敷かれた畳の上をお玉と猪瀬鈴、多美の幼い姉妹が走って居た。そしてその姿が母屋の影に消えた。そして再び姿を見せたのだが兵庫は首を捻った。
 敷かれた畳が全貌出来る所まで進み謎が解けた。畳がコの字型に敷かれて居ると思って居たのだがロの字と閉じていたため、子供たちは畳の道をぐるぐる回ることが出来たのだった。
 楽しそうに遊ぶ女の子がいる反面、男の子の姿が無かった。
「お玉、男の子は?」
「さっきまで広間で遊んで・・居なくなっちゃった。鈴ちゃん、多美ちゃん知ってる?」
多美が頷いた。
「何処?」
多美は畳の上で転んで、指さした。指の先は縁の下だった。
「縁の下か」
多美がコックリをした。
 縁の下には入れるのは廊下の下までで、その奥には容易に入れない様に侵入防止の板が張られていて猫でもない限り無理だと兵庫は思って居た。
何処から入ったのか、しかも十人以上・・・と思い多美の目線迄しゃがんでみた。
「お部屋に出て来た」とお玉が叫んだ
視線の中に、こちらを見ている大助の頭が、そして上半身が現れ、立った。
兵庫が立ち上がると畳が無くなった床から、小さい子順に顔を見せ、床の上に姿を見せた。
広間の床板が剥がされていて、そこが床下への出入り口になって居たのだ。
観太、佐助が出て来たところで、兵庫が、縁先から
「皆揃っているか」と声を掛けた。
「はい」
「何か見つけたか」
「フクが赤ちゃんを産んでいた」と大助が応えた
フクは今年の春先に乳離れした猫で、秋の暮れには子を産むものかと思って居ると
「見たい」とお玉が兵庫にせがんだ
「見たい」「見たい」と鈴と多美もせがんだ。
「床の下に入っても良いか、母上に聞いて来なさい」
幼子三人が志津の部屋の縁側まで駆けて行き、上がり部屋の中に消えた。
そして、志津と四人でやって来たのだが、その途中
「おフクちゃんが赤ちゃんを産んだんだよ」の声が母屋内に広がった。
兵庫が広間に上がり外された床板から見える床下を見ていると、養育所の残りの女の子までやって来た。
「大助、赤ちゃんは何匹でしたか」と志津が聞いた。
「四匹」
「千夏、猫の寝床を造るので、一尺より大きな笊(ざる)と、笠にするそれより大きな笊を古い物の中から選び持って来なさい。観太は笊に入れる稲わらを持って来なさい」
こうして笊に藁を敷き詰めた猫の寝床が出来た。
「この中に猫親子を入れたら、もう一つの笊を被せてあげなさい。それで猫は安心しますからね」
「それでは佐助、床下に下りてこの笊に猫の親子を入れて持って来なさい」
「母上、触ろうとしたらフクが唸りました。大助でも駄目でした」
「私には蘭丸の臭いが付いているから・・・ふくが赤ちゃんの時から世話をして来たお玉ちゃんなら・・」と大助がお玉を見た。
「お玉行くかい」
「何処か分からないから、誰か一緒に行って欲しい」
「それでは、観太行ってあげなさい」
観太は自力で下りたが、お玉は兵庫に下ろして貰った。
暫くして床下から猫の泣き声と「大丈夫だよ」とお玉の気遣う声が近づいてきて、笊が笊を被った猫の寝床が床板の外された所から出て来た。
それを志津が受け取り、兵庫がお玉を引き上げた。観太が上がると外されていた床板が嵌められていった。
鈴と多美が志津を挟むと猫を見ていない女の子たちが笊を囲んだ。
「声を上げると赤ちゃんが驚くから静かに見るのですよ」
衆目を集め笊の笠が静かに外されると乳を吸わせている母猫が目を開けたが、子猫から乳を奪うようなことはせず目を閉じた。
志津も、外していた笠を被せた。
女の子の目に優しさが宿っていた。

 ←ボタンを押して頂けると、励みになります

Posted on 2017/04/27 Thu. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学