03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第96話 鬼の居ぬ間に(その18)】 

 嘉永六年九月九日(1853-10-11)、押上でいつもの朝稽古が大人たちにより始められた。
昨日、駒形で兵庫が襲われた余韻が残っていることもあり、大人たちは稽古で激しく打ち合っていた。そこに男の子たちが昨日移った彦四郎屋敷からやって来た。
ただ、その手には大人たちの熱気を冷ますような、咲き始めたばかりか蕾の多い菊の花束を持っていた。その菊の花束は志津が待つ廊下に運ばれた。
志津は花束を一人一人から受け取って行った。今日は五節句の一つ重陽、所謂る菊の節句だった。花束は養育所の男の子と絵画修行に来ている赤松又四郎が持参した十六束だった。
この花は、十軒店、裏の五軒長屋そして母屋の広間に分けられ、生けられた。

 昨日は東都組の頭・半蔵を斬ったことから生じた、町の者たちの思わぬ反抗に兵庫は一存で駒形の養育所を本所側の中之郷元町の彦四郎屋敷に移した。それで悪い影響が子供たちに現れることを危惧していたが、兵庫は子供たちに助け合う初心が呼び戻されたように感じたのである。そのことが稽古、朝飯を済ませた兵庫を彦四郎屋敷に立ち寄らせることなく、直接駒形に向かわせた。
 駒形の元養育所に入ると、留守番の内藤が、
「山内家は継志堂の者たちの力を借り引っ越していきましたよ」
「それでは、様子を見に茶店に行き、戻ってきます」
 茶店に着くと、見慣れた顔が手助けをしていて、既に店を開いていた。
「稲次郎殿、約束通り店を開けられましたね」
「はい、お茶も道具もすべて残って居ましたので・・団子の代わりにから寿司を出すようにしています。珍しいのか、年寄りが多いためかよく売れます」
「それを聞いて、ほっとしました。じょじょに他の売り物を増やして下さい」
「はい、常吉さんが先ほど来て、蕎麦と団子の作り方を教えてくれるそうですので、康介に行かせる予定です。水野からは賢太郎さんと粟吉さんが雨戸に落としを設けたりしてくれています。中西の肝太郎さんが見事な鯛を持って来てくれました。有り難いことです」
「これからも、皆さんで助け合って下さい」
「はい、それが出来るのも皆、鐘巻様のお陰です。感謝します」
「勇太郎さんが居ますが、ここから通うのですか」
「いや、わしらを新発田から江戸へ導いた三人の間に割り込む気は無いよ」
「それでは、落ち着いたら三人を招き、旨い蕎麦でも振る舞って下さい」
「それはいいな」

 茶店が活気の中に店を開いたのを確かめた兵庫が駒形に戻ると、駒形の町役が来ていた。
「町役さん、なにか?」
「鐘巻様、町の者が申し訳ないことを致しました。それで昨日は子供たちが、今日は山内様ご一家が引っ越されました。戻って頂けませんか」
「私がしたことが原因ですが、子供たちは傷つきました。大人の真似をして子供たちまでが私に石を投げたのです。私が戻ると云っても、子供たちを戻りたくないでしょう。世の中の偏見に耐え、笑えるほど子供たちは未だ強くは在りませんので戻せません。もし、戻していざこざが生じたら、今度は町の子が傷つきます。養育所の子供の中には既に大人より強い者が何人もいるのです。まさかの時、皆さんに出来ることは子供たちを汚く罵るぐらいでしょう」
町役は言葉を無くしていたが、
「定廻りの久坂様が、町の者が軒賃として奪われた大金を、帳面を添え持って来てくれました。みな鐘巻様達のお力に寄り取り戻せたと伺っております」
「それは良かったですね」
「久坂様が申されるには、鐘巻様が悪党に対し鬼のように振る舞われるのは、町が子供たちを受け入れてくれることを願ってのことだと。その鬼が居ない時に悪さをした半蔵を戻られた鐘巻様が退治した。その鐘巻様に石を投げ、追い出してしまうとは・・」
「もう、鬼に頼ってはいけません。町の者で力を合わせ自ら鬼に成るのです。第二、第三の半蔵が現れるのは時間の問題ですからね」
「分かりました。もう、町の者にこれ以上無礼はさせませんので、仕舞われた暖簾をお出しください」
「有り難うございます」
用を果たせなかった町役は、力なく帰って行った。

第九十六話 鬼の居ぬ間に 完
 ←ボタンを押して頂けると、励みになります

Posted on 2017/04/06 Thu. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学