04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第97話 前へ(その25)】 

 子供たちは家の中を通り表の土間に向かい、フクがやって来るのを待った。そしてやって来たフクがにゃ~と鳴くと、土間に置かれた猫の寝床の中から子猫がにゃ~と返事をした。フクは最後の子猫を咥えると土間から出て行った。
 廊下まで戻った子供たちは、そこに留まらず庭に下り宴席に戻り、子猫を運んでくるフクを待った。そのフクが最後の子猫を咥えて縁の下に消えていくのを見送った。
それは大人も同じだった。

「しいわく、こうげんれいしょく、すくないかなじん」
突然、男の子たちが論語の素読を再開した。これには大人たちも苦笑したが、それも暫くして夜五つ(8時頃)の鐘が鳴り終わった。子供たちの就寝時刻が近づいたためだった。
子供たちの純心な振る舞いに触れた来客は子供たちに見送られて帰って行った。
その顔には来た時とは違い子供たちの優しさが映っていた。

 月が高く昇り、世間ではこれからが月見となる所だが、養育所では月明かりの下、全員で片付けが始められた。子供たちは庭に敷かれた畳片付け以外の仕事をするため暫くすると姿が宴席の場から消えた。それを待って男たちが畳を叩き汚れを落とし縁側へ運ぶと、畳の裏の在所が確認され仕分けされ、広間の奥から敷き詰められていった。

 手伝いを終えた子供たちが己の布団を畳が敷かれた広間に持って来て敷いていった。そして布団に潜り込み布団に耳を付けた。それは床下の猫の親子の様子を感じ取ろうとしたのだろう。暫く布団が動いていたが、それも止み子供たちの夢の中に十三夜が育まれていった。

 兵庫が縁側に出て月を見ていると、彦次郎がやって来た。
「先生、あすから道場の解体を始めますので、子供たちにも見せてあげて下さい」
「彦四郎屋敷の侍長屋の方は直りましたか」
「はい、切られた柱は粟吉さんたちの手を借り皆つなぎ直しました」
「分かりました。それで解体にはどれほど掛かりますか」
「人足とお天気に寄りますが、戸・障子を外し運ぶのに一日、二階と一階の床板外しに一日、屋根瓦下ろしに一日、骨組みの解体に二日程度、礎石運びが一日、正味六日も在ればなんとかなるでしょう」
「分かりました。明日、子供たちを連れ駒形へ参ります」
「お願いします」
「こちらこそ、頼みます」
 彦次郎が去っていくと、代わりに志津が部屋から出て来た。
「やっと千丸が寝付いてくれました。彦次郎さんは何の用でしたか」
「明日より、道場の解体を始めるので子供たちにも見せて欲しいとわざわざ教えてくれました。六日ほどかかる予定です」
「そうですか。道場は子供たちにとって成長の原点の役割を果たしてくれました。今度の移築は復習する機会子供たちに与えてくれるでしょう。一歩・二歩と前へ歩んでくれることでしょう」
「“前へ”ですか。嬉しい言葉です。私も遅れないように子供たちと前へ歩みたいですね」
「私もお供させて下さい」

第九十七話 前へ 完

 ←ボタンを押して頂け

Posted on 2017/05/01 Mon. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学