FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

暮れのお仕事 

普段は用の無い私でも、季節の節目では動けと尻を叩かれることも在ります。
と云う事で、駄文創作が数日間(私の希望)出来なくなりました。

役に立たない私を動かすより、自分で動けば良いのですが、貧乏人が年越しをするのは大変なのでしょう。
“溺れる者は藁をもつかむ”と申しますから、藁程度のお役は果たさねばと立ち上がるのです。
昨年は、この時期病院のベッド上に居ましたので、藁にも成れずに居ました。
今年は頑張ろうと思う訳ですが・・・
実は私のお尻を叩くのが私に藁の役割をさせるためではありません。
座ったままで居る私の健康を心配してのことです。
私が生きている間は少ないながら年金を頂けるからです。
そして邪魔な私をどかせるためでもあります

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2017/12/26 Tue. 04:01 [edit]

馬鹿な話  /  TB: 0  /  CM: 3