FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第70話 つきもの(その7)】 

 月初め、月は既に西山に沈んでおり、両国橋を渡り回向院の脇道に入ると手に持つ提灯の灯りが頼りになる。
その暗い道を抜け、町家が建ち並ぶ堅川沿いに来ると、灯りが漏れて来る。
足元の不安が消えると兵庫は歩きながら、養子として服部家に入る要蔵の値踏みをし始めた。
中西家からの要求がいくら高くても服部仲明は波風を立てずに払うと思うのだが、それは養子として入る要蔵にとって、心の負担になりかねない。
出来れば、仲明に高額な支度金を払わせたくはなかった。
兵庫が何故この様な心配をしたのか、それは主である中西健五郎にあった。
それは侍意識の強さだった。
しかし、それだけで仕官が出来る世の中ではなく、一芸に秀でた能力が無ければ無理だった。
表芸の武術には熱心だが我流からの脱皮が出来ずにいて、兵庫としては教え甲斐の無い弟子だった。また任された壁塗りも早いのだが、その分仕事が雑なのだ。己の将来の為に割り振られた仕事を身に付けようとする意気込みが足りないと指導する者たちの評価だった。
この健五郎に持ちなれない大金を渡すことの不安が兵庫の脳裏に渦巻いていた。

 人通りも在る道、兵庫の用心が薄らいでいた。
二つ目の橋近くまで来たところで、聞きなれた佐伯の声で
「鐘巻先生」と呼びとめられた瞬間、全身に悪寒が走った。
もし、声も掛けずに斬り込まれていたら、だが声の主は刀に手を掛けてはいなかった。
「佐伯殿、お屋敷の門はとっくに閉められているでしょう。何をなさっているのですか」
「門番には有り金を掴ませてあります。お待ちしていました」
「何の用ですか」
「用では在りません。お暇(いとま)を言うため待って居ました」
「えっ、お国に戻られるのですか」
「もう少し遠い所ですが、四人旅ですから楽しみです」
「それは急な話ですね。気をつけて」
「有難う御座います。早立ちですので失礼します」
佐伯が一礼し、去っていく後ろ姿に、消えていた影が浮かぶのを、兵庫は見たような気がし、不安に襲われた。

 一夜明けた四月六日、佐伯は昨夜会った時、兵庫に伝えたように旅に出たのか、朝稽古にはやって来なかった。
佐伯の事を兵庫から聞かされた者たちは、誰一人として兵庫の話を信じず、兵庫が何かを隠していると疑り、話すよう詰め寄ったが、兵庫は昨晩の様子を事細かに話すことしか出来なかった。
 そして、午後、それも間もなく夕飯の板木が打たれる時刻になって鳥羽がやって来た。
「先生、皆さん。内分の話ですので・・」と断わり、皆が同意を示すと話し始めた。
「昨夜、佐伯殿が下屋敷で三人を斬った後、自決されました。乱心か遺恨かを確かめるため、私もお目付け様に同道しました。斬られた三人は私が稽古総見に出るのを拒んだ上士の倅でした。私が先日、訴えたことでお目付けが事前の調べたところ、佐伯殿も三人に拒まれたとの事です。昨晩の様子を見た者の話では、佐伯殿は物に憑(と)りつかれたかのように三人を追い回し、斬ったそうで乱心と云うことに成りそうです」
「分かりました。ほとぼりが冷めた頃、機会が在ればその後を聞かせて下さい」
夕飯の板木が打たれた。
「食べて行きますか」
「そうしたいのは山々ですが、すまじきものは宮仕えです」と言い残し、帰って行った。

 そして、押上の寮内にも憑りつかれた男が居た。
夕飯の板木が打たれても、木組みの修業をする水野粟吉だった。
佐伯に憑(と)りついた憑(つ)き物を取り払うことは出来なかったが、粟吉に憑りついた憑き物は取り払う必要のないものだった。
兵庫等は粟吉に声を掛けることなく井戸へ向かった。
そして、戻る頃、広間の縁側からお美代が、
「粟吉様」と声を掛けると、やっと手を休める粟吉の姿があった。

第七十話 つきもの 完

Posted on 2015/04/21 Tue. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/2443-3721f2db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)