07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第98話 残月(その46)】 

 繁蔵にとっては信じられないことが起きたのだが、兵庫の話を聞いて居ると、兵庫の話に乗らずに済ませる手立てが見つからなかった。
「人のことを云うのもなんだが、もう一人久蔵が居るのを知って居るか」
「はい、昨晩浪人や子分を送り出し空になった所に押しかけ、全財産で償う意思を表明して頂いたので、娘のお由と共に受け入れることにし、今、二人は駒形に居ます」
「そうか・・・それではわしも同じようにしてもらえるか」
「有り難うございます。ところで繁蔵殿には頼りになる方は居ますか。私たちが赦しても町の者が赦すかは別問題ですから」
「全財産を失った嫌われ者では、たとえ身内が居ても駄目だろう」
「今、昨夜起きた事件は伏せて在りますが、夜が明ければ漏れるでしょう。捕らえたお身内は戻りませんので打ちこわしに遭う恐れも在ります。お身内以外の者に守らせましょう」
「そうして下さい」
「なお、失礼ながら押入れの金は預かりました。これは浪人らの今後のために使わせて頂きます。ただ文箱の金は残してありますのでお使いください」
「有難い。使わせてもらうよ」

 駒形に戻った兵庫は帳場で番をしていた内藤に入谷の情況を話し、得た金を預けた。
「奉行所に届け出を出さずに済むようでしたら、神明町と入谷の家は養育所が預かることに成りますが誰に見させましょうか」
「神明町の番ですか」と兵庫は大きな声を表座敷に向けて出した。
「そうですが、誰か居ますか」と内藤が兵庫の意図を察して相槌を打った。
「鬼吉さんにお願いします」とまた大声
「私ですか」と傍にいた鬼吉が戸惑いを見せた。
「鬼吉、お前なら出来る」と常吉が後押しをした
「あそこは、浅草や本所と離れています。一人では何かと・・近くの入谷でしたら・・」
「入谷は繁蔵さんに狙われた因縁のある竜三郎さんに頼もうと思っているのです。鬼吉さんの心配も分かりますので、ひとり人を付けます」
「それでしたら、何とか頑張れそうです。相棒は誰ですか」
「私の一存では決められないので、親の許しを得てきます」
「親の許し?・・・まさか養育所の子供で、奥様の許しを得るのですか」
「なるほど、その手が在りましたか。でもそれは押上に戻らないと叶いませんので、手っ取り早くしましょう」
兵庫は立ち上がると表座敷と帳場を仕切る障子の外から
「久蔵殿、鬼吉さんに神明町の留守居役を頼むのですが、あの辺りの勝手が分かる人を付けたいのですが、お願いできませんか」
「わしは殺してしまった正一を弔いたいので、お由で良ければ、こちらからお願いしたい」
「鬼吉さん。相棒はお由さんです。構いませんね」
「そ・それは、私にではなくお由さんに聞いて下さい」
障子が開き、お由が姿を見せた。
「鬼吉さん、私で良ければ・・・」自由奔放なお由の目が少し潤んでいた。
「よし、決まりました。鬼吉さん、今からお由さんと押上に行き、志津に会い神明町に向かいなさい。お由さん、金は残って居ますね」
「はい」
「それでは早く行きなさい」
 嬉しそうに出て行く娘を見送った久蔵が、
「不謹慎なことを云うが、悪事を働いたお陰で娘の気に入るまともな男に巡り合えたよ」
「悪事ではなくて、良いことをしていたらもっと早くお由さんの気に入る男に巡り合えましたよ」
「そうかも知れぬが、あんなに喜ぶ娘の顔を見たことは無かったよ」
「それは良かったですね。しかし久蔵さんと繁蔵さんには仏門に入って頂き、類が子分衆に及ばない様にして頂きます。朝食後、私、久蔵殿それに竜三郎さんで入谷に行き、竜三郎を新しい主として置き、繁蔵さんを引き取り向島の圓通寺に案内いたします」
 駒形に戻ってから、話を聞く側に居た碁四郎が、話が終わりに近づいたと感じたのか
「それでは、私は飯を食いに行って来ます」と言った。
「長い一日ご苦労様でした。何か起きましたら呼びに行きますので休んでいて下さい」
「眠りたいのですが、舩箪笥の仕掛けを解き明かすまで眠れそうも在りませんよ」
「何が飛び出すか楽しみですね」

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2017/06/17 Sat. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3170-339226ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)