09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第99話 標的(その45)】 

 十兵衛は思った以上に素直だった。
「先ほど類が及んでは申し訳ないので、その名は言えないとのことですが、聞くまでも無くこの道場の四本柱に名を連ねた方々ではないかと察しがつきます。察しがついてもその方々に今回の一件でこちらから会う事は致しません。それは信じて下さい」
「信じましょう」
「ただ心配事が在るのです」
「どのような?」
「失礼ながら、十兵衛殿が思いついたことを、他の三人の誰かが思いつくのではないかと云う事です。このこと考えられますか」
「わしが思いついたのだからな・・・」
「私としては何度も狙われるのは嬉しくは有りませんので、狙われないようにしなければなりません。お判りいただけますか」
「それは分かりますが・・・」
「そのためには、十兵衛殿の咎を明らかにして、考えられる最もきつい仕置きをして見せ、真似をすることを思い留めさせなければならないでしょう。しかし、私は先ほど五人の方々は放免すると云ったので、今日のことは事件にはいたしません。公に仕置が出来ないとなると十兵衛殿を闇奉行が仕置きすることになります。例えばあなたの首に斬奸状を付けて草加宿に晒すとかですが。やりたくはないのです」
「私も出来れば、遠慮したいですね」
「それでは、どのような話から此度の知恵を借りたのか名前は仮の名にして話して頂けませんか」
「四人の内の一人が鐘巻様の支配する人・物・金について尋ねたことが発端でした。話が
どう進展したのかは思い出せませんが、鐘巻様を恐れなければならないのは悪党だということになり、そうしたら“善人ではない”と言う者が居て、その言葉をどう理解したらよいのかと考えて居たら、別の者が“馬鹿なことは考えない方がいい”とその時の私には分からぬことを云ったのです。これが全てなのです」
「それではその後、例えば草加に戻ってから、草加宿で埋もれたくはない。そして東都組のように浅草に一家を開きたいと思ったとします。しかし、私に斬られて死んだ、東都組の頭・半蔵と同じ轍は踏みたくはない。そこで四人で話したことを思い出し、悪党にとって怖い私を除こうと云う馬鹿なことを思い付き行動を起こしたのですね」
「そう云うことに成ります」
「碁四郎さん、聞いて居て納得出来ましたか」
「やったことの良し悪しは別として、噓は云って居ない様に思えます。斬杆状付き晒首の代わりに、いつもの様に話を付けたら如何ですか」
「それでは、十兵衛殿の欲から出た悪事に対しての仕置は十兵衛殿に損をして頂くことにします。それで宜しいですね」
「それが鐘巻様のやり方だと伺っていますので構いません」
「これまでの事例で久蔵一家や繁蔵一家からは家屋敷を頂きましたが、草加の家屋を頂くことに成りますが宜しいですね」
「それが家屋は私の持ち物ですから良さそうなものなのですが、ご存知だと思うのですが草加の縄張りを取り戻す折には越谷の勝五郎さんのお世話になって居ます」
「そのようなことが在りましたね。それで何か差支えが在る訳ですか」
「はい、越谷宿と草加宿の縄張りを別々に仕切って居ては又、成りあがり者が出て来て追い出される恐れが在る。今は助け合えるから良いが、平穏が続けば乗っ取られた過去を忘れるだろう。そうならない様に勝手な行動はしないこと、もし勝手なことをして死ぬとか、縄張りを維持できなくなった時は互いに縄張り、全財産を引き継ぐ念書を交わしたのです。ですから、こうなった以上草加の財産、縄張りは私のものだと、勝五郎さんは云うでしょうね」
「と云う事は無一文ですか」
「はい、そうなります」
これを聞いて、兵庫、碁四郎、虎之助が顔を見合わせ、矢五郎と彦四郎も十兵衛と勝五郎の関係に驚きを隠さなかった。
「参りました」と兵庫は十兵衛に頭を下げた。
「上手の手から水が漏れましたな」と虎之助が言った。
「どう云う事でしょうか」と十兵衛が怪訝な顔をした。
「実は、私を標的として狙う者が居るだろうと罠を張って居たのです。そしてまんまと罠に掛かったのが知り合いだとは夢にも思って居ませんでした。それも無一文では、掛かった罠代の元が取れないからです」
「それは申し訳ありません。私も無一文に成るとは思っても居なかったのです」
「十兵衛さん、私はあなたを許しますので無一文には成りませんよ。その代わり百両の借用書を書いてください。何年かかっても良いので返して下さい」
「有り難うございます。必ずお返しいたします」
「それでは五人の方々はお引き取り下さい。刀は門を出る時受け取って下さい。お見送りをして下さい」

 暫くして十兵衛も百両の借用書を書き終わると帰っていった。
見送る兵庫からは、
「もう私を標的にするのは止めて下さいね」と別れの言葉が送られていた。

第九十九話 標的 完

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2017/08/12 Sat. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3226-8a77bc5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)