FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第109話 肥し(その25)】 

 兵庫が押上の自室に戻ると、志津が文机に向かっていた。
「お帰りなさいませ」と筆を置いた。
「切りの良い所まで進めて下さい」
「それでは、お玉を呼んで来て下さい。明日以降の心構えを話しておきたいのです」
 部屋を出た兵庫は幼い子供たちが集まる、二人の年寄り近藤綾や八木文の居る部屋に行き障子を開けた。
そこには文の孫・佐助の他に源五郎、蟹、鈴、多美そしてお玉が居た。
「お玉、母上が呼んでいます」と部屋の外から一声かけた。
「ちょっと行ってくるからね」と云い、お玉は部屋を出、兵庫が障子を閉めた。

 お玉が志津の待つ部屋に兵庫と入った。
お玉が普段志津が座る前に座ると、文机での仕事を済ませた志津がお玉と向かい合い座った。
「お玉には明日から薬研堀の子供預かり所に行って貰います。お玉は薬研堀ではお姉様に成りますから、皆のお手本に成らねばなりませんよ。お玉なら出来ますからね。お玉は成長したのです」
「まだ、小さいです」
「身体が大きくなることも成長ですが、知識を豊かにすることも、色々なことが出来るようになることも成長の証ですよ。お玉、畑の物が大きくなるには何が必要ですか」
お玉が鼻をつまんで見せた。
「そう、肥しですね。だから太った様子を肥えていると云うでしょう」
「お玉も肥えました」と云い、自分の頬を膨らませ摘まんで見せた」
「お玉、身体が成長したのは滋養の有るものを食べたからです。色々なことを覚え、出来るようになったのは教えて貰ったことを繰り返したからです。薬研堀の子供預かり所に行ったら、ここで習い覚えたことを預かり所の子に教え、猪瀬のお婆様の手助けをしなさい」
「はい」
「それでは、これを持っていき、子供たちと遊びなさい」と云い、カルタを手渡した。

 嘉永六年十一月十六日(1853-12-16)朝食後暫くして表口から兵庫、志津、お玉、鈴、多美そして志乃が姿を見せた。
そして三人の荷を積んだ大八車を常吉が引き出した。
「行って来ます」と兵庫が志津に言い、お玉、鈴、多美が頭を下げ志津に別れを告げた。
兵庫を先頭にお玉、鈴、多美、志乃そして大八を牽く常吉の六人で見送るのは志津一人だった。
この時、他の子供たちは、午前の教育を受けていたのだ。
寂しい門出だったがお玉の顔は明るかった。
暫く歩いていくと多美が、
「お玉お姉様、臭いね」と鼻をつまんだ。
「多美ちゃん。大根やネギを大きく、美味しくする肥しの臭いだよ。だから肥しは臭いけれど大事なんだよ。にがいお薬も飲まなければいけないんだよ」
「多美は苦いお薬は嫌い」
「鈴も」
「お玉も」
子供たちの話は、共に歩く大人たちの顔をほころばせていた。

第109話 肥し 完

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/05/30 Wed. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3510-a7630659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)