FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第110話 お蔭参り(その12)】 

 向島へのお参りが済み二十三日、二十四日と時は流れたが、浮浪児探しの方は浅草も、深川も一人の成果も上げられずにいた。
そして嘉永六年十一月二十五日(1853-12-25)の朝食後、浮橋からは山中碁四郎が昇龍院からは浜中松之助に伴われた文吉、観太、大助が駒形養育所の二階に集まって来ていた。
そこには駒形詰めの新藤栄二の他に勘八、鯛吉、平七、命助、新助、河川、在吉、霧丸、雲丸、風太、春吉、虎次郎、熊五郎の子供たちが居た
「一人も見つからないと云ってがっかりするな。それは困って居る子供が少ない証のようなものだからな。今日はどちらを?」と碁四郎が尋ねた
「私の方は下谷の残って居る所をと思って居ます」と浜中松之助が応えた。
「私は今戸の方を」と新藤が応えた。
「それでは手土産の弁当を持って回って下さい」
新藤に従う子供たちは勘八、鯛吉、霧丸、雲丸、風太、春吉の六人で浜中に従うものは寺組の平七、命助、新助、河川、在吉の五人だった。
そして文吉、観太、虎次郎、熊五郎の四人は駒形周辺を一人で巡ることに成って居た
他には裏庭から聞こえて来る預かり所の子供たちと遊ぶ大助と役割が決められた。

 駒形を出た新藤と子供たちは今戸を探索する予定だったが、その途中、浅草聖天町辺りで勘八が気に成る女の姿を見た。
「新藤様。昔世話になった方によく似た女(ひと)が居ましたので、暫くこの辺りを探索させて下さい」
「分かった。皆、暫くこのあたりを探しなさい」

 勘八は女が消えた辺りを探して居ると暖簾を出していないが戸が開いて居る表店から聞き覚えの在る懐かしい声が聞こえて来た。
そして箒と塵取りを持った娘が出て来て家の前の通りに箒目を付け始めた。
勘八は、その娘を見ながら開いて居る戸口から家に入り
「ごめん下さい」と奥に消えていく女に声を掛けた。
女は振り返えり、勘八を見て戻って来た。
「何か御用ですか」
「やっぱり、乙姫(おとひめ)のお姉ちゃんだ」
「えっ、お前は?」
「カンパチです」
「カンパチ、・・カンパチかい、大きくなったね。もっとも、あれから六年は経って居るからね」
「お姉ちゃんは、なぜ黙って居なくなったのですか」
「お前は幾つになった」
「十一歳、もうすぐ十二歳に成ります」
「私が居なくなったのは十六歳の時だよ。浅草の何処に十六にもなってお腹を空かして農家の納屋に潜んでいる女がいると思う。食べるために出たんだよ」
「一緒に居ると食べられなかったの」
「大食いの勘八が居たからね」
「そうか、お姉ちゃんの分も食べちゃったのか」
「だから大きく成れたね。それに良い物を着ているね。どこかのお店の小僧に成れたのかい」
「この冬に成って、養育所を開いて居る鐘巻様に仲間と一緒に拾われて、毎日三食と寝床の他に読み書き算盤の勉強もさせて貰って居ます」
「女はどう成って居るんだい」
「私は駒形に居ますが、女の子と小さい男の子は押上の十軒店の在る養育所で同じことの他、女の子のする仕事が出来るように修行して居ます」
「お前たちがお金を払って居る訳ないから、誰が払って居るんだい」
「払っている人、今は居ないです。死んじゃったから。だから今月二十九日に皆でお墓参りに向島の円通寺に行くことに成って居ます。それで死んだ額賀様達に一人でも多くの子供たちが養育所で暮らしていることを見せるために、今、子供たちを手分けして探して居るのです」
「駒形に居ると云ったけど、駒形のどこだい」
「川沿いに経師屋為吉の暖簾を出しています、隣の薬屋・継志堂も養育所のものです。私は、これから腹を空かせて震えている子を仲間と探しに今戸へ行きますので、今日はこれで失礼いたします」
「そうかい。いつでも遊びにおいで」
「有り難うございます。乙姫姉ちゃん」
外に出た勘八は掃き掃除する娘を見て、その痩せている姿に感じるものが有ったが、特に声も掛けずに新藤が待つ辺りへ急いだ。

 駆け戻って切る勘八に、新藤が
「人違いではなかったようだな」声を掛けた。
「はい、六年前に面倒を見て貰ったお姉ちゃんでした。それだけ確認して戻って来ました」
「そうか、それでは今戸へ行くぞ」

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/06/20 Wed. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3531-3cff4c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)