FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第110話 お蔭参り(その15)】 

 大助は乙女を女の子の声が洩れて来る広間へ案内した。
そこには幼い大助ですら長居できない、何か気恥ずかしくなる空気が漂っていた。
母と慕う志津も居たが、大助はその場を去る道を選んだ。
「母上様、こちら様は勘八兄さんと六年前まで一緒に暮らしていた乙姫様改め乙女様です。ただ今、奥で兄上様との話は終わりました。養育所を見て頂きなさいとの言伝です。私は失礼します」と大助は頭を下げた。
「大助、駒形からご苦労様です。源五郎と蟹が退屈して居るので遊んでやりなさい」
「済みません。佐助もお願いできますか」と近藤の妻となった紗江が頼んだ。
「はい、源五郎、蟹、佐助ちゃん兄上様の所で遊ぼう」
広間から男子の姿が消えた。

 女だが一人残された乙女が注目されたのは仕方がない。
「大助さんから、ご紹介していただきましたが、私は今戸へ人探しに向かう勘八の目に留まり久しぶりに声を掛けられました乙女と申します。勘八からお世話になって居ます養育所のことを聞き、それが私には信じられず駒形へ行き内藤様に、押上に参り鐘巻様に、そして今はここに居ます」
「信じられないのは私も同じです。養育所が出来ましたのは昨年の暮れです。今、養育所に籍を置く子供たちは間もなく出て行く子も含め八十三人居ます。またほぼ同数の大人やその家族が働いて居ます。賄う資金は発足時の資金、真っ当に働いて得る資金、それと時には金の亡者から頂くことも御座いました。今のところは行き詰る話は届いて居ませんが、これから先のことは分かりません。ここを出て行く子供たちの中には出世する者も出て来るかもしれません。そうなれば今は微々たるものですが浄財が集まり、運営の柱に成るでしょう。お金の話は駒形の内藤さんにもう一度聞いて下さい」
「お尋ねしたいことは、女の子の行く末です。未だ一年足らずですからこれと云ったことは無いと思いますが、こちらに参ります時に大助さんからもう直ぐ養女に行かれる女の子が二人居ると聞いたので、聞かせて頂けませんか」
「分かりました。その女の子は板橋宿で女衒(ぜげん)の手を逃れたところを、助けられここにつれて来られました。助けたのは鐘巻の剣術の師匠と兄弟子です。その恩人の家にややが生まれるので、世話をする者が必要となり相談が持ち込まれ、本人も同意のうえで鐘巻家の娘として恩人の家に養女として入り子育ての手伝いをしながら歳が来たら、その恩人の家の子として嫁に行かせることに成りました」
「ここに居るのですか」
「二人は来るべき日のために、草加宿の道場に修行に出して居ます。みな武家の子として躾けています」
「ここに来るまでに勘八、大助さん、じゃこちゃん、ふなちゃん皆しっかりしていました。生まれより育ちだと分かりました」
「他に何か知りたいことが在りますか」
「六年前に浮浪暮らしを抜け出すために私は潜んでいた納屋を出ました。十六歳の時でした。行先は噂で食事と寝床の心配が無く、嫁に行けるように躾け、習い事を教えてくれると云う所でした」
「それでどうでしたか」
「私自身はそこの主のお妾に、私の売り先が無かったからです」
「売られるのですか」
「時折買主が来ますのでお見合いをします。折り合いが付けば嫁に行きます。結納金が売り主に入る仕掛けですが、私は売り時までに買い手がつかなくてお妾です」
「伺っただけで感じたことですが、浮浪上がりの子供としては、悪い話とは言い切れないように思えますが、何かそうでないことでも在るのですか」
「最近分かって来たことですが、頼って来た娘の全ての夢が叶わないということです。分かりませんが挨拶もなく居なくなってしまうのです。どうやら吉原を始めとする妓楼に売られているようです」
「それは今でもですか」
「はい、と云うのは未だに私が住む聖天町の家に子供が連れて来られるからです。聖天町は主の目に叶った者が育てられる所ですが、浮浪の子が尋ねる所は下谷・・・」
「竜泉寺町の成田屋与兵衛?」

音信不通のお知らせ
6月21日、新規購入したレーザープリンターのドライバーが何度やってもインストール出来ません。そこで22日に、プリンターとパソコンなどを持って購入したPCデポにインストールして貰いに行きました。そうしたら持参したPCが立ち上がらず、インストールの話がお金のかかる話へと・・・
年金暮らしの身としては、話には乗れずに、荷物を持ちかえりました。
PCとのお別れ会のため電源を入れました。
やはり画面表示は“dynabook”が表示されそのまま停止・・・
ああ、このPCは2020オリンピックのメダルになってしまうのかと惜しみつつ、新しいPC購入を買わねばと暫し考えていました。
そうしたら、PCから“dynabook”が消え立ち上がったのです。
と云う事で、今回は鐘巻兵庫をブログに載せることが出来ましたが、PCは不安定のようですから、断りなしに音信不通になる恐れが有ります。
取りあえず、お知らせしておきます。

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/06/23 Sat. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

Re: 頑張れニッポン


> 頑張れダイナブック!

これまでは電源を入れてから立ち上がり完了まで二・三十秒と早かったのですが、二分ほど掛かるように成って居ます。
キーボードは使えないので外付けを使用。
内臓のCDにも作動不具合があり、ます。
内臓疾患は私を追いかけているようです。
なお新規に買ったレーザープリンターは古いウインドウズパソコン(XP)では使えるのでかろうじて役に立って居ます。
お見舞い有り難うございます。

時の釣人 #- | URL
06/23 05:57 | edit

頑張れニッポン

e-70   e-70   e-70   e-70

頑張れダイナブック!

じゅら♪ #ISYg7NL2 | URL
06/23 04:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3534-a6a9c6d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)