FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第110話 お蔭参り(その16)】 

 広間に居た女の子に言おうとしていたことを先に言われてしまった乙女はその子を見て、
「知って居るの」と尋ねた。
「私は来年十五歳だから」と、ももが応じた。
「もも、歳と関係が在るのかい」と志津が問い直した。
「それは私の方から話します」と乙女が云い、話を続けた。
「成田屋はやって来る女を受け入れる齢を十四歳以上に制限していたのです。それも実年齢ではなく成田屋の目で十四歳以上か否かを決めていました。私は十四歳の時に成田屋に行きましたが食べ物を食べて居なかったので未熟で受け入れて貰えませんでした。受け入れられたのが十六歳の時だったのです。成田屋は子供を売りに出せるまでに育てる期間を短くしたかったのです」
「成田屋さんの売りものは女の子と云う事ですね」
「それは間違いないと思って居ます。ただ売られることが成田屋に身を預けた女にとっては約束された嫁ぐことだったように思います。それが妓楼でも相手の定まらない嫁ぎ先と受け入れ、飢えと寒さから抜け出せたことを喜ぶことになるのですが・・・ここ養育所のことを知ると・・どうしたら良いのか・・・」
「乙女さん、養育所は成田屋とは違い子育ての期間を短くしようとは考えて居ません。むしろ逆です。それと女の子の他に男の子も受け入れています。お願いしても良いですか」
「何でしょうか」
「成田屋が聖天町の家に子供を連れて来ると云って居ましたが、その子はまだ居ますか」
「はい、昨日来たばかりですが一人居ます」
「勘八は子供を探しに苦労して居ます。聖天町に連れて来られた女の子が今まで何処に潜んでいたのかを聞き出して頂けませんか。もし残っている子が居るならば養育所で引き取りたいのです」
「分かりました。それより成田屋に居る子の中には、飢え地獄から別の生き地獄に売り飛ばされてしまう子が出てしまいます。そうなる前に何とかして頂けませんか」
「分かりました。それは男衆に頼むとして、もも、何か人探しに役立つことが在りますか」
「隠れている子を説得するのなら、女の子の方が良いかもしれません」
「私もそう思う。特に成田屋に居る女の子の手助けがあれば隠れている子供たちが沢山見つけられる」と女の子から次々に声が上がった。
「乙女さん、手伝って頂けるのでしたら今すぐ動きますが」
「直ぐに動いて頂きたいのですが、私も昼までに戻って居ないといけない不自由な身なのでそろそろ戻らないといけません。聖天町の子には何処に住んでいたかを聞いておきますので使いを寄越して下さい」
「分かりました。勘八以外の者が行く時は、鐘巻の使いか棒手振りを行かせますので都合の良い時刻などを話し合って下さい」
「分かりました。それでは大助の所まで・・」
「大助が待つ部屋に入った」
「大助、乙女さんが戻りますので頼みます。それと午後旦那様に行って貰いますので内藤さんに山中様呼んでおくように言って下さい」
「はい、母上」
乙女は一緒に来た大助と戻って行った。

 そして志津は乙女から話を聞き出した話を兵庫に伝えた。
部屋に閉じこもり千丸の相手を任されていた兵庫は、出番が来たと思い
「昼食後出かけますので、連れて行く女の子を選んで下さい」
「分かりました。ももの他にそでとそのを連れて行って下さい。話をしておきますので」
「分かりました」

 昼食に広間に集まった者たちに兵庫が話した。
「いま、二十九日の墓参りに一人でも多く、額賀殿らが心配していた子供たちを集めようと男の子たちが頑張って居ます。しかし、まだ一人も見つかって居ません。本日午前、今戸方面に探しに行く途中勘八が六年前に世話になった乙女さんと聖天町で出会い、その乙女さんが駒形、押上に昼前に来て色々と教えてくれました。探し出した子供たちの説得には女の子の方が良いとのことで、もも、そで、そのの三人を連れて行きます」
三人を選んだ訳は志津から事前に子供たちに話されていて、不満が生じないように心がける必要があった。
 押上には女の子が沢山居るため一つにまとめるのは困難であるため子供たちに関することは極力公表した。

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/06/24 Sun. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3535-a7be9df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)