FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第110話 お蔭参り(その23)】 

 浮浪の子供たちが減っていることを浮浪の歌丸から聞かされた兵庫は、その要因として養育所が一定の役割を果たしていると感じた。
しかし、養育所を設立してからまだ一年足らず。やらねばならないことは多かった。
「夕食前の仕事はこれまでとし、一旦食事に戻って下さい。その後、予定通り困って居る子供たちを探しながら、ここに来れば食事が摂れることを教えて下さい。私はカツオさんと歌丸さんをここの主の竜三郎さんに紹介し、その後駒形に寄り、竜泉寺町の成田屋与兵衛のことを頼んだ矢五郎さんから何か知らせが届いているかを確かめることにします。ここが閉まる時刻に戻ることにします。
 天璋院に戻る者、駒形に戻る者が店を出て行き、兵庫、カツオ、歌丸が裏口から店の中に入っていった。

 帳場番をしている竜三郎の代わりに妻のおときが帳場に座り、中座敷には兵庫、竜三郎、カツオ、歌丸の四人が入った。
隣りの奥座敷ではハコベとスズナの着替えが終わり、乱れた髪に櫛を入れているももと、そでの姿、それを見守るその、ワカメ、タラの姿が、明り取りのために開けられている襖の間から見えた。
 男四人が座に着くと兵庫が竜三郎に、
「この二人はここで世話に成りました勘八との細い縁で来た者です。勘八が六年前に世話になった乙女という女が聖天町に囲われて居るのを勘八が見つけ、切れていた縁が繋がりました。その聖天町に昨日、連れて来られたのがサザエという娘です。その娘の心配事が残して来たカツオ、ワカメ。タラの三人で、本日その隠家に行き連れ出しました。歌丸はカツオたちを食物の面で助けた仲間で、カツオがこれまでの礼代わりに、ここの話を聞かせ連れて来たと云う訳です」
話を聞いた竜三郎が、
「ここを預かっている竜三郎です。皆は養育所に入る決断が付くまでここに居てもらって構いませんが、ここは飯屋で、暫くしたら旅籠もやる予定です。養育所の様に手習いなどを教えることは出来ないので、何か望みが在るのなら養育所に入り望みを叶えるための修行に励むことです」
竜三郎が話し終わるのを待って居たかのように隣の部屋から、
「竜三郎様、庚申湯に行って参ります」と、ももから声が掛かった。
「頼みます。みな、行儀よくするんだぞ」
「はい」と教えられた返事が返って来た。
「私も一旦戻ります」と、兵庫が立ち上がった。

 入谷の飯屋を出た兵庫は駒形の養育所に入った。そこでは食事が始まっていた。
「帳場に出て来た内藤が、内緒ですが矢五郎さんから成田屋与兵衛が殺されたそうです。帰りに中之郷に寄ってくれとのことです」
「内緒ですか。分かりました」

 予想外の展開に兵庫は足を速め中之郷の屋敷に入った。
「鐘巻さん。与兵衛は悪党だがあんたの出番は無くなったよ」
矢五郎の第一声だった。
「誰に殺(や)られたとのことですが」
「年季奉公を終えた吉原の女郎ということだ」
「やはり恨まれましたか」
「だが、与兵衛を死んだことにはせずに行方不明にし、女郎だった者も咎めない。遺体は大川に流すそうだ。それと成田屋に居た子供・二人は与兵衛が殺されたことは知らないよ。軟禁されていたからな。その子たちは頼まれて聖天町に移しておいた」
「それにしても、事件にしないとは久坂さん思い切りましたね」
「そもそも事件の発覚は、老いぼれのわしが訳を言い、久坂に成田屋の御用改めを頼んだことに始まる。渋々だが引き受けてくれた。成田屋に行き、声を掛けたが出て来ない。暫くして出て来たのが女で、泣いていた。訳を聞くと与兵衛に騙されて吉原に売られた恨みから刺したという。話の通り裏の台所の土間に与兵衛が伏していた。この時点では久坂は未だ奉行所の者だったが、家の内部を調べて行くと狭い部屋に閉じ込められていた娘二人が居た。事情を聴くと、与兵衛の所に来れば食事も住まいも心配なく、躾けられて嫁にも出して貰えると云う話で、浮浪の仲間と別れて来た。しかし、満足に食べさせては貰えなかったばかりでなく、逃げられないように閉じ込められた。わしが御用改めさせるために言ったこととほぼ同じ話が娘から出た。これで久坂はご定法どおりに納めては弱い者に救いがないと、救いの一つとして事件は無かったことにしたということだ」

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/07/01 Sun. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
07/01 09:42 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
07/01 05:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3542-4346855a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)