FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第110話 お蔭参り(その39)】 

 嘉永六年十一月二十八日(1853-12-28)、が明けた。
この日は養育所設立の切っ掛けを作った額賀雅治等十一人の命日で、国元からやって来た身内の者たちの墓参りが五つから行われると、円通寺の和尚・浮雲の話だった。
養育所でも墓参りをするのだが、余りにも多くの子供たちが行っては、身内の者たちの墓参りの妨げになると、墓参りを一日遅らせ二十九日にした。
 そのため墓参りの支度を終えている子供たちは、この日一日を普段と同じく、自分たちのために費やすことになった。
ただ、兵庫と妻の志津はその流れには乗らずに、朝食後、押上を出て入谷に向かった。
そこには、養育所が明日行う墓参りに、参加させようと集めた浮浪の子供たち十六人居るからだ。
何故、兵庫と志津が行くかと云えば、二人には子供たちを導く力を持っているからなのだが、墓参りの発起人でもあるからだ。
 二人は入谷までの道を、人目を引きながら歩いた。志津は絶世の美女で弁天に例えられるのだが、対し兵庫は毘沙門と怖い顔をしている。その対照的な様子が二人を知らない者を振り返らせるのだ。
見られることにも慣れて来た兵庫は足を速めることもなく入谷の竜三郎の店に入った。
「先生、奥様・・・どうぞ」と客の居なくなった店の帳場番をしていた竜三郎の声が響いた。
「子供たちは二階ですか」
「はい、千夏が教え、小夜が手本を見せています」
兵庫は頷き志津を見た。
「それでは私が行って参りますので、お待ちください」
志津が店に上り、更に二階へと上っていった。

 二階では千夏が志津から教えられた玄関での客の迎え方を話し、分かりづらい動作があればそれを小夜がやって見せていた。
志津が上がって来るのは兵庫とは違い足音ではわからない。しかし
「母上様が参られました」と千夏が座を空け脇へ移った、それに反して小夜は、障子に歩み寄り座り直すと、引き手に手を伸ばし衣擦れの音が近づくと静かに引いた。
障子が開き、志津が姿を見せ、入って来た。そして障子が閉められた。

 千夏が座っていた所に座った志津を十六人の新しい子供たち、乙女と珊瑚、押上から手助けに来ていたもも、そで、そのの三人そして千夏と小夜が注目した。
「鐘巻の妻・志津で御座います。今日皆様とお会いできたのは養育所を創ることを言い残し亡くなられた方々のお陰です。その方のお墓参りに養育所の子供たちが明日参りますので、宜しければと皆様をお誘いに参りました。まだ、皆様は養育所の者として届け出を出して居ませんので無理は申しません。明日、鐘巻が迎えに参りますので、もしこの縁を生かし、皆様の将来へ繋げようとお思いでしたら、私の居る押上まで来て下さい。そこから私と一緒にお墓参りに出かけましょう。それでは明日、押上で会えることを願って居ます」
志津は一方的に話を終えると、立ち上がった。
小夜が障子を開けた。出て行く志津の背後に
「若菜さん。私は明日押上に行くからね」
「珊瑚さんですね。お待ちして居ます」
昔の源氏名を久しぶりに呼ばれた志津は、微笑みを返し部屋から出て行った。

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/07/17 Tue. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3558-3dfd236e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)