FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第110話 お蔭参り(その41)】 

 子供たちの流れは、歌丸、ハコベ、スズナの三人組、アマモ、波吉、砂吉の三人組、アラメ、海吉、島平、磯助の四人組、米吉、麦次の二人組と続き、十六人の子供たちが土間に下り立った。
 ただ流れはこの後、千夏と小夜、乙女と珊瑚と続いて終わった。
「これから、押上に向かって、歩きます。前を見て人様にぶつからないように気を付けて」
兵庫が戸口に歩み寄ると外から駆け寄る足音が近づき、戸口の前で止まり、開けられた。
「間に合った」と云ったのは喜重で、島吉と圭次も姿を見せた」
「皆さん、ご苦労さんです。上州屋の紋次郎さんに断って来たでしょうね」
「当たり前ですよ」
 喜重、島吉、圭次の三人は元繁蔵一家の者で、生きて行く術を身に付けさせるため兵庫が竜三郎の店に送り込んだ。だが竜三郎の店では将来旅籠を営むことを考えていた。そこで兵庫が有る事件で知り合いとなった日本橋馬喰町の旅籠・上州屋の主・紋次郎を紹介し、三人は紋次郎のもとで旅籠修行をしていたのだ。特に兵庫から墓参りのことを知らせては居ないが、養育所の主だった動きは隠される事が無いので伝わり戻って来たのだろう。

 兵庫を先頭に続く十六人の子供たちを見守る養育所の子、さらに大人が背後を守りながら、人目の多い浅草の町を抜けていった。
子供たちの動きは、兵庫の動きとして駒形や中之郷元町の養育所に伝えられていった。
伝えたのは自由に歩く事が許されている昇龍院で修行する養育所では古参の子供たちだった。
と云う事で、吾妻橋を渡る時に駒形の養育所の子供たちが、中之郷元町養育所に差し掛かると門が開き子供たちが加わった。
こうして入谷の子供たちは押上に着き、兵庫に従い道場口から中庭の道場へと導かれた。

 無事入谷から押上まで歩き通した十六人の子供たちは多くの子供たちに囲まれた。
その中にはかつて浮浪を共にした見覚えの在る顔を見つけ安堵する場面も見られた。
そうした中、朝飯を食べずにやって来る者も居た。
最初に来たのは巳之吉を迎えに行った文吉だった。
二人は迷うことなく十軒店の飯屋に入った。
一方、来ないと思って居た仙吉の姿をいち早く見つけた保安方の常吉は歩み寄っていった。
「兄さん、腹ペコだ。この後坂崎さん、少し遅れて乙兄さんも来ることに成って居る」
「分かった。飯は運ばせるから上がってくれ」
常吉は仙吉一家を表口から母屋に案内した。
そこに控えていたのが客対応を任された共に六歳のふなとじゃこだった。
「ふな、母上様に仙吉さんが参られたと伝えなさい」
「はい」
「じゃこ、皆さんは食事が未だです。ご案内しなさい」
「はい、お上がりください」とじゃこが云った。
 間を置かず草加宿から坂崎に伴われたお松とお竹、暫くして、越谷からやって来た乙次郎一家も着き食事の場に通されたところで、押上を経由して墓参りする者は揃った。

 遠方から来た者たちが人心地したところで、
「皆様、部屋に入りきれませんので庭に出ましょう」志津が促した

 兵庫が道場の南に立ち、その脇に志津も立った。
ざわめきが止んだ。
「今日はご覧の様に、これまでにない、多くの人が集まりました。集まった方々の共通点は養育所と関わり合いが在ると云う事です。養育所が無かったらここに居る方々のほとんどがこの様に集まることは出来ませんでした。もし、ここに居られることが皆様にとって喜ばしいことなら、それは養育所を設立することを託して亡くなった額賀殿等十一人のお陰です。これからお蔭参りに参りましょう」
 こうしてお蔭参りは先ず子供たちから始まり、養育所に関わる大人たちん引き継がれ一日を掛けてお蔭参りが行われた。

第110話 お蔭参り 完

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/07/19 Thu. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3560-ddcde030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)