FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第111話 落し所(その7)】 

 外で仕事をする者たちも居たため、茶は表・上がり口の板の間と成り、手あぶりや煙草盆なども置かれた。
外から入って来た者の中に大工方以外の六助と熊吉の姿を見た兵庫が
「わざわざ出張(でば)って来たのですか」
「わざわざと云うほどのことは在りません。中之郷を追い出され聖天町に、ここに居る四人の他に賄いの栄十郎と夏吉を加えた六人が今日から移りました。移った六人と留守番の富五郎さんの男七人と景色が悪いので昼飯を作る栄十郎と夏吉を留守居役に預けてこちらの手伝いに来た訳です」
「お昼を作られるのでしたら食材が少し余らないでしょうか」と話を聞いていた志乃が尋ねた。
「余ると云うと無駄遣いに成りますが、余らしても満腹感が無くなるだけで七人が腹を空かせることは在りません」と棒手振りの熊吉が応えた。
「こちらに持参しましたのは干物や佃煮などですので、分けて頂けると有難いのですが」
「構いませんよ。茶を飲んだら取りに行って来ますが、明日からの分はどうしますか。冬なので持ちが良いので一日分お届けできますが」
志乃はこれには即答せずに志津を見た。
「ここには今日から旦那様と私と千丸、佐吉さん、志乃さん、勘三郎さんが住みます」
 これに安堵したのは佐吉と志乃だろう。
佐吉は鐘巻本家の使用人で幼い兵庫の世話をした年寄りで、兵庫が引き取っていた。
また、志乃は隠されてはいるが武家娘で妓楼勤めをしていた時、事件に巻き込まれ殺されたことにして兵庫に引き取られた。
二人とも、兵庫や志津が居なければ押上が住みづらい場所になる恐れが有った。
そうならぬように押上を出る決心をした兵庫は二人を同伴させ保護下に置いたのだ。
「他に造作を変えるために通って来る大工衆のお昼を用意しようかと。彦次郎さん大工衆は何人に成りますか」と志津が尋ねた。
「中之郷屋敷の風呂造りが終わりましたので、こちらの仕事を水野様親子にお願いしてありますから五人に成ります」
「分かりました。住むのが大人五人と赤子一人。それと通いが五人ですね。取り合えず今日の昼から明日の朝の分をお持ちします」と熊吉が言い、出て行った。
それを見送った志津が
「六助さん、髪結いの方は如何ですか」
「はい、血止めを使う量は減って来ました」とかみそりの使い方を覚えたことを遠回しに言った。
「そうですか。血止めが余りいらない女の方をやってみる気は在りますか」
「女・・・やらせて下さい」
「最初は女の子からですよ」
「・・・何事にも順が在りますのでそれで結構です」
「いま入谷に子供たちが居ます。男の子と違って女は髪の乱れを気にしますのでまめに通い千夏から手ほどきを受けなさい。私からだと言えば教えてくれますよ」
「分かりました。行って来ます」と六助が帰っていった。
「箸にも棒にも掛からなかった男たちが・・・変われば変わるものだな」
と彦次郎が半ば呆れて言った。
「彦次郎さん、私もそうでした」と常吉が言った。
「確かに常吉さんはひどかったが、それよりも苦労させてくれたのが甚八郎だった。お琴がいなかったらどうなった事やら」
「常吉さんにはお仙さん、乙次郎さんにはお美代さん、仙吉さんには小菊さん。皆、しっかりした奥さんを貰いました。総三郎さん、浜吉さん、いまは遊ばずに大工の修行をしなさい。女は見ていますからね」
「折角屋敷から解放されたと云うのに、遊べないのはお気の毒なことだが、仕事は在るから頑張ることだ」と彦次郎が云い、腰を上げた。
「私も一旦押上に戻ります」と常吉が言った
「常吉さん、また夕方お願いすることに成りますので、頼みます」
「分かって居ます」

 一服が終わり、表の上り口から人が消えた。
「旦那様は沸いた湯を手桶に移しお風呂へ運んで下さい」
「分かりました。それと水瓶(みずがめ)を満たすのでしたね」
「志乃さん、お昼ご飯を一升炊いて下さい。」
「分かりました。勘三郎さん、米俵の米を米櫃に移して下さい」
「力仕事は良いのですが、不調法をしでかす恐れが有りますので、見届けて下さい」
「分かりました」
志津は千丸を寝かしつけた部屋に向かった。

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/07/27 Fri. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3568-4563affa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)