FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第114話 正月(その11)】 

 兵庫、常吉、岩五郎の三人で夕食を食べ終わったところで
「常吉さん、これから使いに行って下さい」
「はい」
「まず、山中さん、中川殿、甚八郎に訳を言って、あす朝食後ここに来るように告げて下さい。このことは内藤さんにも知らせ、継志堂の常八さんと建具屋の建吉さんを連れてくるように頼んで下さい。常吉さんは今晩は押上に泊まり、奥さんとこちらに数日以内に引っ越して下さい。その際、茶店のことは甚八郎に頼んで下さい」
「分かりました」

 白子屋の入れ札については検討して居ることは伝えられていたが、参加したことは、晦日の四郎への対応もあり伝えられずにいた。
落札したことで、今度は周知を急ぐことになったのだ。

 正月六日、白子屋に一番乗りしたのは地の利を得た山中碁四郎だった。
その碁四郎に兵庫が、
「朝から薪割ではと思い、夕べ呼ぶのを止め今朝にしました。
「それは御心遣いに感謝します。内藤さんから、兵さんがお奉行から何か聞き出していたと聞いて居るので来たのです」
「奈良屋の主人を庇って怪我をした者が居たそうです。その者を養育所で雇いたいと頼んでおきました」
「恐らく丞さんでしょう。侍にしておくのは勿体ない人です。怪我も急所を外して居るでしょうから、話が伝われば遠からず姿を見せてくれるでしょう」
一番乗りして聞きたかった話が済ませると、碁四郎は白子屋の検分のため奥へ入って行った。

 五つ半頃には兵庫が呼び寄せた者たちが揃った。その中には押上で引っ越し準備をしているはずの常吉も居た。
 それは昨晩の内に茶店を引き継ぐ者を甚八郎と相談して決めたため、押上に居る必要が無くなってしまったのだ。今住んでいる裏長屋も一番狭い部屋で引っ越し荷物もたいして無いからでもあった。

 家の番を賄いの岩五郎に頼み、兵庫等は二階に上がった。
「この家は入れ札の三十二両と預託金一両の合わせて三十三両を払い、この家・家財・土地を昨日手に入れました。ちなみに二番札は瑞穂屋の三十両一分でした。高い買い物かと言えばさにあらず。昨日、永代橋で追剝をしていた十三人が来て、その内の一人・兄貴と呼ばれる者が万蔵に預けてある金を取りに来たと、この家に万蔵が隠していた金の在り場所を教えてくれました。十三人は奉行所に渡し、金は頂きました」
そして兵庫は懐に入れ温めていた金の入って居る袋を取り出し、前に置いた。
そのずっしりとした重みと嵩に声が挙がった。
「支払った額より大きいことだけはお伝えします」
「これは幸先が良いな」と矢五郎。
「それでは本題に入ります。まずこの家を養育所設立時から働いて頂いている常吉さんに任せることにしますので、ご承知おきください」
「それは何より。これで常吉に続く者たちに働き甲斐を与えられる」と矢五郎が同意した。
それは皆が思うことでも在り、常吉に祝福の声が集まった。
「次に、この家の利用ですが、養育所としては浮浪の子どたちの受け入れと、働く一人親から子を預かることに使いたいです。ただここは商いをする立地に恵まれているので、何かやりたいとも思って居ます。そこで相談です。この家は元々料理屋ですから料理屋を営むことは出来ます。ただ懸念が在ります。この辺りの料理屋は料理だけでは客を呼んでいません。その様な料理屋は子供たちを預かる養育所の目的に反するように思えるのです」
「それで、薬屋と建具屋を呼んだのか」と矢五郎。
「はい、ここは八丁堀に近いです。八丁堀には医者が多く住んで居ますので薬屋がよいのではないかとの思い付きです。建吉さんを呼んだのは、建具だけでなく今駒形で進めている調度屋をここの一階の部屋を使い陳列販売出来る気がしたからです」
「どうだ、まず薬の方は」
「こちらに店を出せば、今の人数でも五割増しの売り上げが期待できそうです」と常八が応じた。
「調度屋の方は」
「駒形では商品を並べる場所が狭く、積極的に客を呼び込めません。それでも作った物はぽつぽつですが売れています。ここに並べてみる価値は在るような気がします」と建吉が応えた。

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/11/08 Thu. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/3671-df8b27c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)