FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第六話 折れた虎徹(その27)】 

 それから数日経って、倉之助が源三の鍛冶場へ出かけた。
刀を依頼するためであった。
しかし、そこに居たのは源三から鍛冶場を預かった、若い鍛冶職人であった。
「源三さんは、江戸の四ツ谷北伊賀町へ行くと言っておりました」
「四ツ谷か。世話をかけたな」
鍛冶場を後にした倉之助はその足で武州屋によると、出てきた惣衛門が
「先日は面白いものを見せてもらい、勉強させて頂きました」
「わしも刀屋が如何に貪っておるかを知ったぞ」
「いえいえ、世の中は変わったもので高い物ほど喜ぶ方が多いのでございます」
「なるほどな。ところで源三が四ツ谷に移ったそうだが知っておるか」
「それは知りませんでしたが、昨日来られまして、一振り脇差を置いて参りました。目を覚まさせてくれた鐘巻様に渡してくれと申しておりました」
「その刀、見せてもらえぬか」
「はい、まだ源三さんが研いたままですが、本研ぎと白鞘代として鐘巻様の手付け五両を受け取らず置いていきました」
「兵庫め、偉く気に入られたものだな」
倉之助は出された脇差を見ながら、
「わしも源三に打ってもらいたかったのだが、四ツ谷まで行かねばならなくなったようじゃな」

倉之助から話を聞かされた兵庫は、源三、二尺二寸五分を喜助の所に持ち込み新しい竹刀を依頼した後、刀を武州屋に持参し、脇差と揃いの拵えにするよう依頼した。

数日後の朝、兵庫は新しい鉛入りの竹刀を持って道場に立っていた。
この竹刀はこれまで使っていた竹刀より一寸ほど短いのだ。
兵庫は己の間合いを伸ばすため、人並み以上の稽古と工夫を重ねてきたが、源三の刀を得たために、己の間合いを一寸短くする不利を背負わされた。
兵庫の言葉で目を覚ました源三からの兵庫への厳しいが、‘更に修行に励め’の意を込めた感謝のお返しだった。
 朝の冷気を満たした道場に兵庫の気合いが飛び、床を踏み鳴らす音が聞こえ始めた。
道場主の倉之助はその音を、愛妻千代の膝枕で耳掃除させながら目を瞑って聞いていた。

月が如月(きさらぎ)と変って、武州屋が兵庫の元に訪れた。
拵え新たな銘・源三の大小を携えてである。
以後、兵庫の愛刀となった源三・二尺二寸五分を眺めながら、兵庫は姿を消した源三のことを思った。
その源三が四ツ谷正宗の異名をとった源清麿だと兵庫が知るのは、後年のことであった。

第六話 折れた虎徹 完

Posted on 2011/07/27 Wed. 05:11 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokinotsuribito.blog79.fc2.com/tb.php/617-1d578fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)