01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

洗心湯屋

日本一長い、時代小説を目指しています。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

【鐘巻兵庫 第105話 ぬくもり(その20)】 

 わかめを連れた兵庫が、押上に戻ったのは昼を過ぎていた。
入谷で食べることも出来たが、早く押上に戻りたかったわかめの気持ちが優先されたからだ。
つい先日まで食べることに苦労を重ねて来たわかめのなかにそれ以上のことが生まれていた。それが何かは押上に戻った時、直ぐに分かった。
兵庫がわかめを十軒店の飯屋に誘った時、
「母上様に戻ったことを知らせてきます」と近くの道場口からは入らず、表口から養育所内に消えた。
兵庫は笑って見送った
子供たちは母である志津といつでも会えるのだが、子供たちが増えた現在は個人的に会うのは控えようという暗黙の約束が出来ている。
ただ、与えられた用を済ませ戻って来た時などは、報告も兼ね会う事は当然なことだった。
わかめは滅多に与えられない用を済ませ戻って来た。
 母の部屋の外まで行き、座り、一呼吸入れてから
「母上様。わかめで御座います。ただ今、入谷より戻りました」と声を掛けた。
「ご苦労様でした。入りなさい」と母の声が戻って来た。
 それを待って居たかのようにわかめは障子を静かに開け入ると閉めた。
「わかめ、お前が入谷の女の子の模範に成った話が届いていますよ。頑張りましたね。学ばねばならないことはまだ沢山在ります。ただ、教えてくれる古い女の子が出払って居ます。分からないことは歳は若いですがお玉に教えて貰いなさい」
「はい、母上様」
「旦那様が顔を見せないところを見ると、お昼は未だですね。早く食べて来なさい」
「はい」と一言返事をして、わかめは部屋から出て行った。

 暫くして兵庫が志津が待つ部屋に戻って来た。
「ご苦労様でした」
「入谷の方は近くに寺を借りることが出来、駒形時代と同じように出かけることが出来るように成りました。駒形時代と少し違うのは女の子が多いことと、母である志津が傍に居ない事です。ですから女の子も入谷に閉じ込めず寺に通わせて学ばせることにしました。ただ、一つ不安が在ります」
「何ですか」
「先日の須磨殿と平田殿の婚姻の席にあの子たちを呼んだことで、押上の女の子と、入谷の女の子では置かれている立場に差が在ることを気付かせてしまいました。不満の芽が育たなければ良いのですが・・・」
「置かれている立場を押上と同じすることは出来ませんが、近づける努力はしなければいけませんね」
「はい、何か妙案が在りますか」
「昇龍院に私が通いましょうか。場合によっては泊っても・・・」
「なるほど、それが出来れば、入谷に置かれている子たちの環境を高めることが出来ますね。ただし、押上の環境低下生じるので一時的な措置ですが、和尚と相談してみます」
 そして話が発展していった。
「もう一度駒形に養育所を開きましょう。駒形なら押上に通えるうえに、狭いながら庭も在りますから」
「駒形は駒形育ちを入れましょう。自立の場所にしましょう」
「それには二階を空けて貰わないと」
「為吉さんには帳場とその隣部屋を渡し、二階は一部屋使って貰えば良いでしょう」
「それと太白先生が戻ったら、昇龍院に移って貰えば、きっと良い絵や大作も描けるでしょう」

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/02/17 Sat. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

【鐘巻兵庫 第105話 ぬくもり(その19)】 

 子供たちの気持ちが学問と云う未知の世界に傾き始めたのを見た兵庫が、
「皆、聞きなさい。道具を貰う時に名前を呼ばれましたね。手習い帳の表に仮名で名前が書かれています。見て下さい」
「はい、兄上様、私の名前は“とびまる”の四つなのに字が、・・・・八つも書いてあります」
「そうでした、皆の名前の上に書かれて居るのは“かねまき”という苗字です。まずは自分の名前が読めるように成ったら他の子と手習い帳を交換してその子の名前の字を覚えましょう。何か聞きたいことが在ったら、天道先生、新藤先生、志乃先生に聞いて下さい。それでは、始めて下さい」

 子供たちを三人に任せた兵庫は、勝太と夏吉に庭に居るだろう佐吉を手伝う様に云い、己は彦次郎を探しに弁天様が鎮座している弁天堂の屋内を見に行った。
案の定、彦次郎が居たが和尚の雲海も付き添っていた。
「どうですか、彦次郎さん」
「先ず、雨漏りを直してからです。雨漏りのするお堂にお住いの弁天様ではご利益在るとは思えませんからね」
「直ったらご利益倍増の噂を流させます」
「どんなご利益ですか」
「子供たちには学問・芸事をお願いさせます。志津には繁栄を願いお参りさせますが、流す噂ではもう少し大げさにします。賽銭箱に銭が投げ込まれる音だけでは、大したことは出来そうもないので、祈祷料の取れそうな客を呼び込む噂を考えます。和尚、何方か祈祷・祝詞の達者な方をお願いしますよ」
「いくらも居るが、金に弱い者が多いので、人を選ばぬと後々修羅場を演じかねぬからな」
「神仏に仕える者の中にもその手の輩が居てくれるのが分かりました。養育所の金が不足したら狙わせて貰います」
「それで、此度は弁天堂が良くなるのだから、弁天様も赦してくれるよ」
「彦次郎さん、私の犯した罪が赦されるようよろしくお願いします。色々と用が生じると思いますので、日中は熊吉さんと弥三郎さんを残していきますので佐吉さんと使って下さい」
「分かりました」
 兵庫が庭に下り、声の聴こえる方へ行くと佐吉が四人を使って居た。
「熊吉さんと弥三郎さんはここに詰めて、佐吉さんと彦次郎さんの用を手伝って下さい。食事は入谷から四人分運ばせます。勝太さんと夏吉さんは、佐吉さんと彦次郎さんを手伝いながら、子供たちと行動を共にして下さい」
「昼をこちらで造らないのですか」
「今は子供たちに便利を与え過ぎないようにします。もし子供たちが自分たちで昼を作ると云うのなら別ですが、まだ無理ですからね」
「分かりました。お忙しいでしょう。先生、ここと入谷は任せて下さい」
「それではその言葉に甘え押上に戻らせて貰います。わかめを押上に連れ戻りますので、勘八を中之郷に連れ戻すのはお願いします。それと、わかめの荷運びに入谷に置いてある背負子を一つ借ります」
「分かりました」
 昇龍院の母屋の縁先まで来た兵庫が、
「勘八、わかめ」と呼んだ
呼ばれた二人と天道が出て来た。
「私はこれから押上に戻ることに成りましたので、わかめを連れて行きます。勘八は皆と入谷に戻り、勝太さんと夏吉さんと持って来た荷物を持って中之郷に戻りなさい
「分かりました。兄上」

 高田寺を出た兵庫は下げた手をわかめに握らせ歩いて居たが、幼い子の手が冷えるのを感じ、小さな手を自ら握った。
そして、暫く歩くとわかめは兵庫に抱き上げられていた。
 入谷のまで戻って来ると暖簾が出ていた。
「暖簾に何て書いてあるか読めるか」
「めしです」
「そうだ」
戸を開けて入ると客が二人と竜三郎が居た。
「竜三郎さん、寺に届ける弁当ですが四人分にして下さい」
「分かりました」
「わかめ、荷物を纏めなさい」
「はい」と返事をしてわかめは奥へ消えていった。

 暫くして、わかめの荷を括り付けた背負子を担いだ兵庫と手を繋いだわかめが
押上に向かって戻って行く姿が見られた。

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/02/16 Fri. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

【鐘巻兵庫 第105話 ぬくもり(その18)】 

 修行先を入谷に変えることに成った千夏と小夜を連れた兵庫は二人に道を覚えさせながら竜三郎の店までやって来た。
「あそこだよ」
「暖簾が出て居ませんね」
「今は手が足りなくて、朝、昼、晩の飯時だけ暖簾を出しています。ちかくの鬼子母神へお参りする人も居るので、商いを広げる余地は残っています。色んなことを試すのも面白いかもしれないね」
 戸を開けて中に入ると、板の間に置かれた火鉢を囲むようにして何人かの女の子が藁仕事をしていた。それを天道が帳場番と保安を兼ねて眺めていた。
「おや、可愛い娘さんですね」
と天道が云う前に、藁細工の手を休めた女の子たちの目が、千夏と小夜に注がれた。
「男の子は・・・」
「新藤と昇龍院の庭掃除に出かけました。と云うよりここに手は邪魔なので追い出されたと云った方がよいかもしれません。残りはここと台所です」
頷いた兵庫が奥に向けて、
「竜三郎さん、おときさん」と声を掛けた。
その声で中から呼ばれた二人と、手伝いをしていたのか女の子三人と志乃が出て来た。
「こちらの子供たちの勉学を優先させてもらうため、養育所では最も古参に成る娘をこちらで修行させます。名は千夏と小夜です」
「千夏で御座います。宜しくお願い致します」
「小夜で御座います。宜しくお願い致します」
挨拶をした二人は板の間の上に立つ女の子より若いが、立ち居振る舞いは垢ぬけていた。
自分たちとは何かが違う、それも好ましくだった。
それは先日、須磨の婚姻の席で見た、子供たちから母と呼ばれた美しい女・志津に似ていた。
実は女の子の多くが、婚姻が終わった後、女の子らしく花嫁の座に座って夢を見た。
更に座ったのが志津の座っていた座布団だった
「お母さん、温かい」と最初に座った女の子が洩らした。
その一言が、母のぬくもりを求める女の子を座らせた。
目の前に現れた千夏と小夜は、その母のぬくもりを思い出させたのだ。
こうして、千夏と小夜は母を求める女の子に挨拶を交わす間に受け入れられた。
「よく来てくれたね。助かるよ。お上がり」
「おときさん、お願いです」
「何ですか、先生」
「高田寺の昇龍院に養育所の庭師と宮大工の年寄り二人が暫く住み込みますので、その三食を出前して頂きたいのです」
「外に出られず、身を持て余している旦那が居るので任せて下さい」
「それと、勘八とわかめを今晩戻しますので支度をさせて下さい。荷物は勝太さんと夏吉さんが運びます」
「分かりました」
「天道さんに志乃さん。子供たちの手習い道具を今、昇龍院に運んでいますので、子供たちに渡して下さい」
「分かりました、お昼の用意は千夏さんと小夜さんに任せて、私たちも出かけましょう」
と、志乃が云うと、女の子たちは藁細工仕事を片付け、掃き集めた藁ごみを火鉢にくべ燃やした。

 千夏と小夜の荷を下ろした勝太と夏吉は兵庫に従い高田寺に向かった。
それに少し遅れて、女の子を連れた天道が歩いて居た。
 寺の門を潜り、昇龍院の庭に入ったが居るはずの男の子の姿が無かった。
それは家の中に居るということだった。
外に居ることが好きな男の子が家の中に居ると云う事は家の中に何かが在るということに他ならなかった。
「皆、自分の手習い道具を見て居るんだろう」と兵庫が言った。
急ぎ家に上がった女の子が見たものは兵庫の言ったことよりも、さらに喜びを顔に見せていた。
それは、与えられた新品の文机を糠袋で磨いて居る姿だった。
子供たちはこれまでに新品の品物を持ったことは無かった。
自分の物を持つ喜びに女の子も浸っていった。
その子供たちの喜びを見る大人たちの顔にも笑みが浮かんでいた。

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/02/15 Thu. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

【鐘巻兵庫 第105話 ぬくもり(その17)】 

 途中、駒形に寄った兵庫は内藤に子供たちの手習い道具を明朝受け取りに来ることを告げた。
そして、中之郷元町の養育所にもより、留守居の中川彦四郎に、明日、高田寺に荷を運ぶので若い者の手助けと大八車を頼んだ。
 押上に戻ると、八丁堀の鐘巻家に永らく仕えた後、兵庫が引き取った佐吉と元宮大工の彦次郎を部屋に呼んだ。
「今、入谷の竜三郎さんの所に二十三人の子供たちを預けています。その教育を浅草の高田寺内の昇龍院で明日より始める予定です。その場を貸してくれた寺にお礼のため、少し荒れた昇龍院の庭の手入れと弁天堂の痛みの修繕をお二人のそれぞれの差配でお願いします。お礼ですから手間賃は頂きません。庭の手入れの方は良いのですが、修繕の方は手間の他に材料代が掛かります。それも頂かないような修繕を先ず考えて下さい。と云うのは、多少の物入りで済むのなら相談して決めるつもりのようです。ただ傷んだ所をこれまで放置して来た寺に金があるとも思えませんので当てにしないで下さい。どうするかは、明日、同道して頂き、何処まで直すのか相談して決めましょう」
「分かりました」

 夕膳を前にして兵庫が、
「聞いたかもしれませんが、明日より押上を出て、向島や入谷へ行って貰う子が居ますので紹介します。先ず入谷へ行くのは小夜と今向島に居る千夏の二人です。次に向島から千夏が抜けた他に子供たちが増えましたので、かえで、あやめ、すみれに行って貰います。それと、入谷の子供たちはお寺で勉強をして貰います。部屋を貸してくれるお寺へのお礼のため佐吉さんと彦次郎さんに庭の手入れと家の修繕に行って貰います。それが終わったら、皆にも見に行って貰いますので楽しみにして下さい」

 嘉永六年十月二十六日(1853-11-26)の朝稽古そして朝食も終わった。
表出口の板の間には折り畳み式文机が積まれ、その脇には小夜の私物が入った行李と夜具一式が置かれていた。
暫くしてそれらを乗せる大八車を牽いて、熊吉、弥三郎、勝太、夏吉の四人が中之郷元町の養育所に居る子供たちとやって来た。
ただ、勝太と夏吉は空の背負子を背負っていた。
そして向島からは千夏の私物と夜具を括り付けた背負子を背負った平田を先頭に千夏や向島の男の子たちがやって来た。
 入谷の子供たちを養育所に受け入れるために養育所が本格的に動き始めた。
「大八車に積まれたのは文机だった」
千夏、小夜、私物と夜具は行き場所が違うため勝太と夏吉の背負子に乗せられた。
そこに背負子に私物と夜具を乗せた佐吉、彦次郎が道場口から出て来た。
 歩み出した一行を、子供たちが見送り、姿が見えなくなると押上で新たな動きが生じた。
押上から向島へ移動するかえで、あやめ、すみれの私物と夜具を中之郷から来た男の子たちが手伝うのだ。
それに付き添ったのは仁吉と平田だった。
平田の背負子一人分の私物と布団が乗せられた。残りの二人分を仁吉と子供たちが手に持ったのだ。

 大八車は途中、入谷に向かう兵庫等と別れ駒形に寄り、手習い道具を詰めた行李が乗せられ、そして、高田寺に向かった。

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/02/14 Wed. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学

【鐘巻兵庫 第105話 ぬくもり(その16)】 

 兵庫は表口から入ると、母屋の入口に足を踏み入れた。
そこには土間に続き、作業が出来る板の間が在る。
蔵が無いため、米俵が積まれて居るのが、少々違和感が在るが、作業場であることには変わりはない。
そこでは彦次郎と水野賢太郎そして数人の男の子が文机の組み立てを行っていた。
「皆さんご苦労様です。あれ? いつものとは違いますね」
「はい、運びやすいように足を畳めるようにしました。白木のままでしたら今日中に出来ますが、どうしますか」
「そのままで、糠袋を渡し磨かせましょう」
「分かりました」

 奥の自室に入った兵庫は志津に
「これから、入谷の子供たちを見てきます」
「お願いします」

 兵庫はどこにも寄らず高田寺を尋ねた。
門を潜ったが子供たちの姿も、子供たちを見守る保安方の姿も見当たらなかった。
兵庫は庫裏に雲海和尚を尋ねたが返事が無いので、昇龍院に回ると、弁財天への参道の天道の姿を見た。
 兵庫は来たことを知らせるために、一旦お祀りして居る弁財天を拝み、昇龍院の表口からは入らずに、脇に回った。
「ご苦労様です。子供たちは中ですか」
「はい、庭内の掃除をしています。脇から入れます」
「話が有りますので、天道さんも中へ」
閉められている柴の戸を開け二人は中に入った。
庭では男の子が落ち葉を掃き集め、焚き付け用の小枝を拾い、人が住む庭へと変えていった。
その様子を見守る新藤が歩み寄って来た。
「掃除以上のことをしないと折角の庭が泣きますね」
「前の住人が追い出されたというのも分かります」と別の事情が在ったことを知らない相槌を打った。
家に近づくと、女の子が家の中を掃除して居た。
廊下沿いを歩き奥まで行くと、部屋の中で和尚と須磨が話していた。
「和尚様、お話があり参りました」
「なんですか、ここを使わないという話は困りますよ」
「そんな勿体無いことはしませんよ。明日から子供たちの手習い道具とその留守番を兼ね大人を入れたいと思って居ます」
「大人、私が知っている方ですか」
「いいえ、庭師と宮大工です。ずぼらな弁天様と思われて居るかもしれないので、まずはお住まいから小奇麗にするためです」
「結構な話ですが、前の主がずぼらだったから放置して来たわけではないでしょう」
「もし、お金の話でしたら心配しないで下さい。養育所の者がしますので手間賃は無料です。ただ弁天堂は傷んでいますので、直すとなると手間だけで済みませんので御金が掛かります。ですから高い新材を使っての修理は出来ません。雨漏りを直したのち、弁天堂の天井の浸み抜きを考えます」
「手間賃抜きなら、多少の買い物は話に乗るので云うように言ってくれ」
「分かりました。ただ手間賃を取らないのは昇龍院だけですよ。本堂を直すには養育所の者や知り合いだけでは手が足らないでしょうから」
「分かった。他に賄いも入れるのか」
「いいえ、弁当を作って運ばせ温かいものを食べさせます」
 兵庫は明日のことを伝えると、押上に戻って行った。

 ←ボタンを押して頂ければ励みになります。

Posted on 2018/02/13 Tue. 04:01 [edit]

thread: 花の御江戸のこぼれ話

janre 小説・文学